サロンデュショコラが大混雑!平日午前から行列、入場3時間待ち

サロンデュショコラ

スポンサードリンク




 

2月2日~2月5日まで、東京でサロンデュショコラが開催されています。

サロンデュショコラ2017とは?会場やおすすめチョコを予習しよう

 

会場は有楽町駅出て目の前の「東京国際フォーラム」

今までは新宿NSビルなどで開催されていましたが、来場者数が多く、混雑が激しいので、今年からより大きな会場である東京国際フォーラムに移動しました。

 

雑誌のananやhanakoでも、チョコレート特集を組み、「サロンデュショコラに行ってみよう♪」なんて書いてありました。

 

「サロンデュショコラの楽しみ方!」みたいに、友人と数人でいってわいわいできる的な雰囲気で記事が書かれています。

 

しかし、現実はもう少し厳しいものです。

公式ツイッターによる混雑情報

公式ツイッターに混雑情報が。

https://twitter.com/sdc_sns/status/826951259357720576

会場は午前10時。会場には既に3000名の行列が……。

平日の午前に、3000人です。

 

有楽町駅まで行列が伸びるという異常事態に。

https://twitter.com/sdc_sns/status/826966375591669760

真冬の平日午前に3時間待ち。なかなか厳しい環境ですね。

 

前日の先行販売での様子

一般開催の前日=2月1日は、エムアイカード会員のために、先行特別開催の日でした。

 

その際も大行列だったようです。

 

特に人気だったのが、フィリップ・ベルやニコラベルナルデ、モリヨシダで、長蛇の列・開場早々完売だったようです。

(関連記事)

【サロンデュショコラ2017】フィリップ・ベルのキャラメルセミリキッドショコラ

【サロンデュショコラ2017】ニコラ・ベルナルデの超高級板チョコを知っておこう!

バレンタインはチョコも想い出も甘酸っぱい…パリ発ヨシダ流柑橘を頂こう

 

反対に夕方は、待ち人数・待ち時間もなく、すぐ入場できたようです。

 

サロンデュショコラお出かけの際の注意点

今年は開催地を東京国際フォーラムという大会場に変更しましたが、例年通りの混雑・待ち時間が予想されます。

平日の午前から3000人ですから、土日はいっそう激しい混雑が予想されます

 

以上から注意点をいくつか挙げたいと思います。

 

注意点1 待ち時間対策を万全に

2,3時間の待ち時間があることを想定しておきましょう。

立ちっぱなしですから、靴はかかとの低いものを。ヒールを履くのはやめましょう。

 

ペットボトルのミネラルウォーターやお茶。軽食も持っているといいかもしれませんね。

入場できれば、イートインがあるのですが、お目当てのものは売り切れかも……。

 

また、暇つぶし道具も持っておきましょう。

携帯の充電が切れたりしないように注意が必要ですね。

 

注意点2 子ども連れは避けるべき

寒い中で大混雑の中2,3時間立ちっぱなしは、小さい子どもにとってはかなり厳しい環境かと思います。

座りたいと泣きわめく姿が目に浮かびます。

またベビーカーも、混雑の中では避けたほうがいいですね。

他人の迷惑にもなるといえばなるのですが、何より子どもにとってストレスなので、基本的に子どもは連れてくるべきではないと思います。

 

それに冬場で人がたくさんいるところなので、感染症も心配です。

大人のぼくらでも、マスクはしたほうがいいでしょうね。

 

注意点3 迷ったら買う! 事前に気になる商品をチェックしておこう

入場で数時間待ち、商品購入で数十分待ち。

やっと順番が来たと思ったら、すでにショーケースやワゴンは底が見えてて、はげ山状態。

お目当ての商品は、完売売り切れ……。

 

こういう事態も十分に考えられます。

 

「買おうかな? どうしようかな?」と思った商品は、買っておいたほうがいいかもしれません。

ほかの出店ブースを回っている間に、売り切れてしまうかもしれません。

 

さすがに何時間も待ったのに、欲しいものが売り切れ・収穫ゼロというのは、かなしすぎますよね。

 

もちろん、大して欲しくないものを無理に買う必要はありません。

でも何となく出かけていっても、チョコレートマニアや常連たちに、一方的にやられてしまいます(笑)

 

お目当てのものを2つ3つ念頭に入れて、見て回るといいでしょうね。

 

スポンサードリンク