眼鏡の奥二重でも目を大きくするメイク術は?濃くしたい人必見の3つの方法♪

スポンサードリンク




あなたはメイクしても瞳が大きく見えないと悩んでいませんか?

 

私は奥二重でしかもメガネをかけています。

いつも人に会うときは礼儀として化粧をしていますがまったくきづかれません。

たしかに、私の顔はあまり化粧映えしないですし、メガネをコンタクトにかえたところでさほどかわりません。

なので、このような人のためのメイク術を教えたいと思います。

 

奥二重でメガネをかけていても目がぱっちりみえるメイク術

 

1、アイシャドウを使ってぱっちりした目に

まだ、自分のアイメイクに自信の無い方は無難にブラウン系を選びましょう。また、パレットになっていて目の形になっているのもありますが、自分にあった色がなかったらショックなのでブラウン系で話を進めていきたいと思います。

奥二重の方はあまりくすんだ色を使うと目元が重いようにみえます。

奥二重の方は透明感が重要です。

また、粉っぽいアイシャドウもNGです。ただでさえ疲れて見える目元がさらに疲れて見えてしまいます。

締めの色を一段階明るくして、まぶたの半分まで塗ります。

これで目元に明るさを残しながらナチュラルに引きまった目元になります。

指かチップの大きい方でハイライトをまぶた全体をひきしめます。

次にさっきのチップを使い締めの色として少し暗めの色をひきます。

締めの色は横グラデーションより縦のグラデーションを意識します。

先ほど締めの色として使った色を目尻にいれます。

2番目に明るいカラーを作っって締めの色とハイライトのつなぎとしていれます。

下まぶたに締めの色の目尻にいれます。

真中くらいの色を小さいチップの裏側で目頭(涙袋)の輝かせたい部分にのせるて完成です。

 

2、アイライナーは3種類を使って

今回、アイライナーはウォーターブルーフのジェルのアイライナーとリキッドアイアライナー、ごく薄アイライナーの二重専用のアイライナーの3つをつかいます。

まず、目の際、まつ毛をの隙間を埋めるようにしていきます。アイライナーって皆さん怖くないですか?

私は怖くて1回だけひいたことがありますがそれ以降怖くてひけません。でも、ぱっちりな目になるいために引いてみようかと思います。

リッキッドアイライナーを自然に目尻をはね上げさせます。

ごく薄アイライナーの二重専用のアイライナーで目に沿って引いたアイライナーで二重を強調&つけたし!

目に沿って平行になるように二重ラインを引くと「平行二重ライン」に!

 

3、マスカラは透明なマスカラと黒いマスカラの2本使い

もともと、まつ毛が長くメガネをした状態で瞬きをするとまつ毛がレンズにあたりとても気になります。

乾燥させずにメガネをして瞬きをすると黒いいろがついてしまうことも。

基本的にメガネをしているときにつけまつ毛をするのはダメです。

レンズにあたるだけでなく落ちた時に目に入ってしまうからです。

メガネをかけるときはビューラ―でしっかり上げた後、まつ毛の根元を中心にマスカラをつけます。

乾いたら透明なマスカラを付けます。

私、黒いマスカラを3本くらいもっているのでそれらを使ってからでしょうか・・・。3本?もうちょっとあるかも。あまり出歩かないので透明なマスカラはしばらくはお預けでしょうね。

透明なマスカラはカールを保つためとマスカラが落ちるのを防ぐために塗ります。

最初はマスカラもかわかったです。

一度、マスカラが目の白目のところにはいりそこだけ真っ黒になって怖かったことを思い出しました。

1日たったら直りましたがしばらくマスカラが怖かったです。

どうしても長さを出したい場合は見尻だけ部分的に付けましょう。

 

まとめ

今回は私が「メガネ女子のアイメイク」で悩んでいたのでわかりやすくまめてみました。でも仕上がった後はちゃんとメガネをかけてじっくりみましょう。

マスカラがもう落ちてないか、目が腫れぼったくみえたりしてないかきちんとみましょう。

最終確認をしたらもうお出かけの準備です。

これで楽しくお出かけ出来ますね。

スポンサードリンク