【子どもに風邪を移されてしまう】親子でウイルス移しあいを完全ストップさせる3つの対策

スポンサードリンク




あなたは「子どもに風邪を移す・移される」と悩んでませんか?

 

最近めっきり寒くなってきました。

 

私も子供を生んでから、風邪にすごく悩むようになりました。

これは自分のことと、子供のこと、両方です。

 

母乳をあげるようになってか、抵抗力が落ちて1ヶ月に1回は風邪を引くようになりました。

子供もハナタレ小僧です。

直ったなと思ったら、またハナタレ…

エンドレスもいいとこです。

 

なんぼほどティッシュいるねん!ってツッコミたくなる毎日。

それからハナを取るのを嫌がる息子。

 

そもそも何故こんなに風邪ひくの?

疑問に思ってやってみた3つの対策です。

 

エンドレス鼻水から解放!3つの風邪対策!!

インフルエンザが流行ってきているこの季節。

風邪はひきたくないですよね。

子供が風邪をひくと、グズグズしてお世話も大変。

母乳を与えているお母さんも風邪をひくと、薬が飲めないし、こっちも大変。

与えてなくても育児はお休みなし。

風邪引いたので、お休みしますと言えない…

そうならないように、風邪対策をしましょう。

 

作戦その1 手洗いを1分間続けるためにはハッピーバースデーを歌え!

毎日ハッピーバースデーやったら、なんぼほど歳取るねんって声が…w

毎日手洗いをしっかりするって事なんです。

え?やってますけど?ハッピーバースデーと何が関係あるん?って声がチラホラ…

ちょっとちょっとー!!そこのあなた!!

手洗い何秒していますか?

ここ肝心なんですよね。

目標、50秒!!

ながっ!ですよね?そうなんです。

 

ただ手洗いするだけじゃ、なんの意味もない。

もちろんしないよりマシですが…

せっかくするなら、効果があるやり方でバイキンをやっつけましょう。

50秒って数えるの面倒だなぁって思いますよね。

そういう方には、これ!!

 

ハッピーバースデーの歌ありますよね?

ハッピーバースデートゥーユー…てやつです。

あの曲を2回歌うと、丁度50秒なんですよね。

大人1人で歌うと、なんだか切ないですがw

お子さんとやると、嫌な手洗いも楽しくなります。

毎日がハッピーバースデーです。

 

作戦その2 プラズマクラスター意味ね~! 濡れタオルで湿度を50〜60%へ!

出産してから、プラズマクラスターのめっちゃ良い加湿器を買ったんですよね。

ええ、毎日しっかりつけてましたよ。

でもなんでか風邪っぴきだったんです。

 

朝起きたては、喉がカラカラで乾燥して痛い感じ。

こっちからしたら、プラズマクラスター買ったやん!

え?ほんまに効果あるん?

文句言うたろかな、とまで思っていました。

 

それまで湿度の値を全く見てませんでした。

毎日50パーセント以下。

そら喉カッサカサになるわっちゅう話ですよね。

 

まず部屋に濡れタオルを干して、50パーセントから60パーセントに保ちました。

いやービックリするくらい、喉の調子が良すぎです。

もしかして歌手なれるんちゃう?

ってくらい透き通った声が出ます。

 

言い過ぎました。

でもね、それから風邪っぴきがマシになったんです。

加湿って本当に大事!!

 

作戦その3 冬は冷たいもの飲むな! 朝起きたらT-falで沸かした白湯を飲む!

朝起きての水分って何を飲んでいますか?

もしかして冷たーいお茶でも飲んでませんか?

ダメダメー!!

朝一の飲み物を白湯に変えるだけで、免疫力がグンとアップするんです。

何をするにも朝一の行動が、その日を左右する。

って言われるくらい、朝一の行動って恐ろしいほど大事なんです。

でも白湯を飲むだけですよ。

体温しっかり上がって、免疫力アーップ!!

めーちゃ簡単!!

しかも風邪予防だけでなく、便秘や肌荒れにも効果的。

一石二鳥です。

 

まとめ

  • 1.手を洗う時はハッピーバースデーを歌う!!
  • 2.濡れタオルで湿度を50%〜60%へ!!
  • 3.朝起きたらティファールで白湯を飲む!!

 

以上、この3つが簡単風邪予防方法です。

私も出産して、子供ができるまでほんまに適当でした。

風邪引いても栄養ドリンクをクイッと、飲み干して終わり。

すぐ治る治ると余裕ぶっこいてました。

でも子供ができると、お互いうつしあいの、風邪のエンドレスなんです。

 

母が治る→子供が風邪をひく→治る→母が風邪ひく→父が風邪ひく…

うわーーー!!エンドレス。

こんな生活嫌と思ってやり始めました。

どれも簡単で、誰でもすぐにできます。

冬本番、是非やってみてください。

体調万全で、楽しい冬休みを過ごしましょう!

スポンサードリンク