猫を飼えるように嫌がる家族を説得するには?事前に抑えるべき3つの準備

スポンサードリンク




ねこ飼いたい! でも家族が嫌がる・・・。

 

イヌと同様にペットとして人気のネコですが、ペットショップで購入となると一匹数万円もするしお金がかかりますよね。

血統書にこだわらなければ、各所の里親募集で無料で譲り受けることも可能です。

飼いたいと思っていても実際に飼うとなると色々な問題に直面します。

ネコを飼いたくてもなかなか踏み出せないでいるそこのあなた、あとから困らないためにの準備と心構えをお教えします。

 

ネコを飼いたいと思う人が最初にやるべき3つの準備と心構え

 

1 猫アレルギーは大丈夫? 子猫は5匹生まれるよ? 避妊計画は決め手?

ここが1番の難点です。

同居家族全員の同意が必要です。ネコを飼うことに反対する家族がいれば説得の必要があります。子どもの教育のため、命のお世話を教えるためなど色々と説得方法はあると思います。必ず同意は得ましょう。

また、最近は、ネコアレルギーの患者さんが増えています。

幸いに我が家にはネコアレルギー保持者はいませんが、身の回りには何人もいます。姪っこ、長男の一部の同級生などです。ネコアレルギーのある家族が同居では、まず難しいと思われます。喘息持ちでも同様です。

アレルギーや喘息などの問題がクリアしたら、生き物を飼う以上は避けては通れない道があります。

命を預かると言うことです。

それは避妊・虚勢などの姓管理の問題です。

完全に室内飼いの家猫にするならまだしも、外遊びもさせてあげるならば、雄ならほかのご家庭の雌猫を妊娠させてしまいご迷惑にならないように、雌なら思わぬ妊娠で困らないようにきちんと避妊・虚勢の管理をしなければなりません。

雌猫は、1年間で数回の発情期があり、交尾をすればほぼ100%妊娠します。そして1度の妊娠で平均5~6匹の子猫を産みます。

避妊手術を受けていれば問題はありませんが、里親を探すのも一苦労します。もし里親が見つかっても、心ないイタズラに利用する人間もいます。また、里親が見つからずこれ以上は飼えないからと捨ててしまい、路頭に迷うネコちゃんや不幸な思いをするネコちゃんを減らすためにもきちんと姓管理しなければなりません

意外と高いワクチン接種やペット保険、死後の世話まで考えて費用を調べておくと安心です。

 

2 ペットショップで買うか? 里親か? 保健所の捨て猫か? ネットでも探せます

上記の大きな問題がクリアしたならば、どこから迎えるかです。

  • ペットショップで買うもよし、
  • 知り合いのご家庭から譲り受けるもよし、
  • 各種里親募集から迎えるのもよし、
  • 保健所からの捨てネコを引き取るという手段もあります。

ペットショップには里親募集のチラシがほぼ常時掲載されていますし、里親募集のサイトもあります。

「メルカリアッテ」などにも里親は募集されています。ご自分のご家庭に合った迎え方をしてください。

 

3 準備品は5つ! 揃えてから猫を自宅へ迎え入れる!

最後に、ネコちゃんを向かい入れる準備です。

  1. キャットフード、
  2. 食器(餌、飲み水用の計2個)、
  3. トイレ、
  4. トイレ用砂、
  5. 爪研ぎ

を最低限、準備してください。私個人的には、キャットフードはドライの方をおすすめします。断然コスパもいいですし。

参考までに我が家の猫は、個大差はあるとは思いますが1ヶ月間で6kg弱のドライフードを食べてます

トイレとトイレ用砂は、いろいろなタイプが出ているのでご家庭に合ったものを、

爪研ぎは、大切な自宅の柱などを守るためにも必ず設置してください。

爪研ぎマットでもいいし、キャットタワーにも付いています。

 

ちなみにベッドは、私個人的には人間と一緒に寝るのが好きなネコちゃんもいるので、様子を見てあとからでもいいのではないかと思います。おもちゃは、月齢に合わせて選んであげてください。

 

まとめ:猫との生活はテレビやTwitterで観るより100倍楽しい!

ネコを飼いたいと思う人が最初にやるべき3つの準備と心構え

  • 1 猫アレルギーは大丈夫? 子猫は5匹生まれるよ? 避妊計画は決め手?
  • 2 ペットショップで買うか? 里親か? 保健所の捨て猫か? ネットでも探せます
  • 3 準備品は5つ! 揃えてから猫を自宅へ迎え入れる!

 

イヌと違い、毎日の散歩も要らないので、ペットとして人気のネコを紹介しました。これはネコ以外にもペットを飼いたいと思う全ての方に共通すると思います。

この3点をポイントに新しい家族を迎い入れる準備をしてください。

きっと楽しい日々が待っていますよ(^^)

スポンサードリンク