【甘えん坊の男の子の育て方】将来しっかり者に育てるための3つのルール

スポンサードリンク




あなたは「男の子の育児」に悩んでませんか?

 

男の子は甘えん坊で、べったりで、ママが大好きという印象がありますよね?

どちらかというと女の子より手がかかるとも言われてます。

体力がとてもあるし、毎日公園に行きたいと暴れるという話もききます。

それでは、男の子と女の子のどちらも育てている私の経験をもとに育て方のコツを伝授します!

 

【私流!】甘えん坊の男の子の育てあげた3つのコツ

その1 褒めて伸ばす。

男の子は単純なので、褒めながらお手伝いさせると、素直にやってくれます。

私の場合、娘もいるのですが、大げさというくらいに褒めると、何度もしてくれることが多いです。

今では私が片付けをしてると、何も言わずに進んでしてくれることが多く、驚いてます。

そしてたくさん褒めることで自分で何でも挑戦するようになります。

 

その2 体を使って一緒に遊ぶ。

体力がとてもあるので、出来るだけ体を使った遊びをさせるとお昼寝もたくさんしてくれます。

眠たいけど、なかなかお昼寝できないというときも、おんぶはさながら少しお散歩するのも効果的です。

帰る頃には爆睡してます!

私の場合は、娘と息子と一緒に「待て待てー」と追いかけっこして遊んでます。

また、高い高いも好きで、大声で笑いながら遊んでます。

 

その3 何でも一緒に教える。

手取り足取り教えると、すぐ真似をして何度もしてくれます。

できないことでも挑戦したがるので、危なくないように見守りながら教えてあげましょう!

私の場合は息子は、何でも登りたいと挑戦している時期です。

家の階段や、娘のイスにすぐ登ってしまいますが、「ゆっくりね」と声をかけています。

そしていつでも助けることができるところで待機してます。

満足気な顔をして喜び、助けを求めてくることもあります。

ママが大好きなだけあって、祖母、パパよりママとべったりしてることが多いです。

なので、特にママと一緒しながら学ぶことで、安心できます。

 

まとめ・男の子の育て方のコツ

  • その1 褒めて伸ばす。
  • その2 体を使って一緒に遊ぶ。
  • その3 何でも一緒に教える。

 

息子はとってもママにベッタリですが、とにかく単純だなと思います。

いくら大泣きしてても、「いないないばぁ」をするだけですぐ分かってくれます。

 

私は男の子の方が楽だなと思いました。

女の子は大きくなっても一緒に買い物に行くことができるけど、男の子はそれがあまりないですよね。

 

なので、べったりできる一時期を十分に味わっています。

そして、どんな状況においても子どもに、とってはママが1番です。

周りにいる大人はそれを理解し、何事もママ中心に考えていくと上手くいきます。

この記事を読んで少しでも悩みが和らぎ、解決策が見つかったら光栄です。

一緒に頑張りましょう!

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です