【たった4分の運動】大学教授が考案した必ず結果が出る脂肪燃焼トレーニング

スポンサードリンク




ダイエット中のあなた。なかなか脂肪燃焼できなくて困っていませんか?

 

ダイエットをしようと、とりあえず走ってみよう。運動すればやせるかも?

と頑張っている方、運動も少しの知識と運動の仕方で何倍も効果が変わってきますよ!!

なかなか運動をしていても痩せられない方、次の3つの脂肪燃焼できる方法を参考にしてみてください。

3番目に紹介するタバタトレーニングと言うのがとりわけオススメですよ。

 

 

必ず結果が出る脂肪燃焼トレーニング3選!

有酸素運動

酸素を普段より多く取りこみながら行う運動。

酸素を使って体内の糖質や脂肪を燃焼します。

例)ウォーキング・サイクリング・ジョギング・スイミングなど。

有酸素運動は運動開始20分ぐらいから体脂肪をエネルギー源として燃焼し始めます。

なぜかと言うと、最初は血液中の糖分などをエネルギーにしてその後体脂肪を食べ始めます。

と,言うことは有酸素運動をするときは20分以上行うことが脂肪燃焼につながります。

有酸素運動は、脂肪がゆっくりと燃焼されます。

血行が良くなったり、血液中の糖分を消費してくれるので、糖尿病の予防につながります。

効果あるウォーキングは、少し早歩きにすると、ゆっくり歩いた時と同じ距離でも

100キロカロリー以上消費が違います。

家の中では、階段のような段差を使って上下運動をテレビでも見ながらすると

長くできます。(テレビが見えるところでないといけませんが・・・)

最近では、スマホ見ながらなど。

 

無酸素運動

次に無酸素運動です。こちらは酸素を多く取り込まない激しい運動のことです。

息を止めるのではなく、100メートル走のような運動です。

例)筋肉トレーニング、スクワット、短距離走 など

こちらは筋肉中に たくわえられたグリコーゲンという糖質と酵素の働きにより

エネルギーを生み出します。

筋肉をきたえ、基礎代謝を高める=リバウンドしにくい体になる。

基礎代謝は、寝ている時にも消費されています。

少しペースの速いジョギングや、長い階段のダッシュの上り下りなど効果的です

 

タバタトレーニング

世界的に人気のある日本生まれのトレーニング方法。

立命館大学教授の田畑泉教授が考案した最も効果的な燃焼トレーニングです。

 

簡単に言うと

  1. ・ウォームアップ(体を慣らす)
  2. ・全力運動 (無酸素運動)20秒
  3. ・休憩  10秒

 

これを一セットとして、8セット連続で行います。

全部でたった4分間! な~んだ簡単じゃ~ん。って思った方!

本気できちんとした全力運動でタバタトレーニングすると、5セット目ぐらいから

ダンダンつらくなり、8セット目には倒れそうになります。。

私は昔、柔道をしていたのでこんなの簡単よ~。なんて余裕でしたが、

8セット目がどんなに待ちどうしいと思ったか(笑)

経験上、このトレーニングは一番効果があった方法でした。

 

大切なことは、決められた時間を守ることです。

きちんと研究されて20秒運動、10秒休み、を8セット。長くしても効果は変わりません。

この4分間が自転車を1時間した時の消費エネルギーが使われます。

 

さらに、このトレーニングをすると24時間~36時間体内の消費が高くなることが分かっています。

例えば、朝すると1日中基礎代謝が高くなり、引き締まってきます。

毎日ではなく、週に2回か3回がちょうど良いです。

大切なのは、全力運動の仕方。心拍数を一気に上げる運動です

 

例)

  • ・20秒その場でダッシュ
  • ・縄跳び二重跳びを20秒休まず飛ぶ
  • ・スクワット連続
  • ・バンビージャンプ(腕立てするような姿勢から起き上がり、ジャンプ)

 

20秒なので最初は元気よくできますが、6回目ぐらいには辛くなります。

でも、たった4分で結果が出ますので試してみる甲斐はあります。

主人は、タバタトレーニングのタイムを知らせてくれる便利なアプリをダウンロードし、

合図に合わせて20秒、10秒 を8回 間違えずにやっています。

運動の仕方は、動画でみるとわかりやすいです。「tabata」や、「tabata plotocol」で検索してみてくださいね。

 

まとめ

  1. ・有酸素運動
  2. ・無酸素運動
  3. ・タバタトレーニング

基本的にタバタトレーニングは、無酸素運動になります。なかなか有酸素運動で

結果が出ない方は、一度タバタトレーニングを 実践してみてください。

注意しなければいけないことは、普段あまり運動をしていない人が急にトレーニングを

すると、危険ですので慣れるまでは気をつけてください。

高血圧、心臓や関節、腰が悪い方は医師の承諾を得て、行ってください。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です