【気づけば足がパンパン!】仕事しながらふくらはぎのむくみを解消できる3ポイント

スポンサードリンク




あなたは足のむくみに悩んでないですか!?

 

女性はとくに足がむくむんですよねぇ。

家事をしたあと、仕事から帰ったあと、とにかく気づけばむくんでる。

朝はスッと入った靴も、夕方にはギュウギュウできつくなってる。

そんなことが気になるあなた!

そもそもなぜ足がむくむかご存知ですか?

簡単に言うと、筋肉不足

男性はもともと筋肉があるのでむくみにくいですが、

女性は筋肉量が少ないですからねぇ。

ふくらはぎの筋肉が重力に負けてしまうとむくみます。

 

【気づけば足がパンパン!】足のむくみ解消3ポイント

1 足のパタパタ運動

足の筋肉、とくにふくらはぎの筋肉を動かしましょう。

これはとっても簡単です。

まずは、足を伸ばした状態で座ります。

できれば椅子ではなく、足がまっすぐ横になるように床やベッドの上などに座りましょう。

そして、足先(足首から下)をパタパタ上下に動かしましょう。

はい、これでオッケー!

パタパタするとふくらはぎの筋肉が動いてるのがわかりますか?

筋肉がポンプの役目となって、

むくんだ水分を上に流してくれますよ

 

 

2 下から上に優しくなでなで

次はかるーーいマッサージ。

「もんで」はいけません!

「なでる」んです!

 

よくふくらはぎをもみもみマッサージをする人がいますが、

筋肉の疲れをほぐすには良いですが、

むくみ解消とは違います。

 むくみ解消のためなら「なでなで」です。

足の先のほうから、上に向かって、やさしーーくなで上げる。

皮膚の表面をなでるくらいで大丈夫です。

「手ごたえがない!」と思うかもしれませんが、

それでいいのです。

やってみましょう!

 

3  〆はストレッチで

最後はやっぱりストレッチ。

この時点できっとむくみはすでに解消してるのではないでしょうか?

でも、一応ストレッチも仲間に入れてあげてください。

ストレッチは直接むくみの解消にはなりませんが、

筋肉をやわらかく柔軟にするので、

翌日からのむくみに効果的です。

しなやかな筋肉を作って、さらにその筋肉を動かす!

これが大切ですね。

 

【まとめ:むくまない綺麗な美脚の持ち主へ!】

とても簡単な3ポイントでしょ?

  1. 足のパタパタ運動
  2. 下から上に優しくなでなで
  3. 〆はストレッチで

床でパタパタするのが難しい時は、椅子に座った状態でも構いません。ちょっと効果は落ちますが…。

いつでもどこでも足をパタパタ。

そして、なでなで。

〆はストレッチ!

 

わたし的には、やっぱりパタパタが効果一番です!
お手軽なので、やりやすいです♪

スポンサードリンク