【すっきり美ボディ】ガチでくびれを作れるポッコリお腹を消す3つの方法

スポンサードリンク




パンツの上にお腹の肉が・・・!

 

20代の頃にはなかった、お腹のたるみにびっくりしたことありませんか?

女性は出産やホルモンバランスによって体型が変化します。

仕方ないこととはいえ、お腹が出ていると体型が老けて見えがち。

どんなおしゃれな服を着ても楽しめなくなってしまいます。

「矯正ガードルにもう頼りたくない!」と思った方はぜひ参考にしてみてください。

矯正ガードルはスタイル良く見えるけど、

日によっては、不快ですよね。

履きにくくて脱ぎにくいし、太ももの血管とまりそうになります!(汗)

 

そんな悩みを持つあなたに、私が試したマジで効果のある腹やせエクササイズを3つご紹介します!

 

お腹が出ている原因

1.皮下脂肪

加齢や食生活の乱れによって、お腹に脂肪がついている状態です。

皮下脂肪は、一度付いたらなかなか落ちにくいやっかいな脂肪なので悩んでいる女性は多いです。

2.骨盤の歪み

20代女性でやせ型なのにお腹が出ている方は、もしかしたら骨盤が前に傾いていて背骨が反っている可能性があります。

背骨のS字カーブがきつくなっている状態なので、ちょうどお腹の部分が出ているように見えるのです。

 

1と2両方に原因がある場合もあります!

特に産前・産後は、お腹の赤ちゃんを支えたり、抱っこひもで赤ちゃんを抱っこしていると背骨の形が前に傾きます。

さらに、産後に腹斜筋が衰えていると、背骨や骨盤の形がなかなか戻らずにお腹だけ引っ込まないという状態になります。

 

ポッコリお腹に効く対策

1.骨盤矯正

プロの整体師の施術を受けるのが一番確実なのですが、まずはセルフケアでなんとかしたいという方は、おしり歩きがおすすめです!

おしり歩きとは、床に足を前に伸ばして座り、腕を振りながらおしりだけで足踏みをする要領で前に進みます。

一日5分でいいのでラクチンです。

テレビを見ながらや、寝る前でもOKですよ!

 

2.脂肪を燃焼させる

皮下脂肪を燃焼させるには、有酸素運動しかありません。

有名なもので、ジョギングや水泳がありますが、するならお腹に効くものがいいですよね。おすすめは、フラフープです!

フィットネス用の少し重めのもので内側に突起があるものなど、種類は豊富にあります。

重めのほうが重心移動が簡単で長時間回しやすいですよ!

ただし、フープを回すのに広めのスペースが必要なので、購入前に確認してくださいね。

 

3.腹斜筋を鍛える

腹斜筋は腹筋と骨盤を支えている筋肉です。

この腹斜筋が衰えると、骨盤が歪んで内蔵が下がってくるためお腹がでてきます。

ほんっっとに大事な筋肉なんです。

お腹が出ていたら、腹筋のみを鍛えがちですが、腹斜筋もセットで鍛えないとあまり効果がありません。

腹斜筋のトレーニングは「レッグツイスト」がおすすめです。

やり方は仰向けに寝て、両足をまっすぐ垂直になるように上げます。

両足を揃えたまま、真横(右・左)に足を倒してまた元の状態に戻します。

10回だけでも横腹にバッチリ効きますよ♪

足を床に近づけるほど負荷がかかるので、慣れてきたらぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

まとめ

  • 1.「骨盤矯正」
  • 2.「脂肪を燃焼させる」
  • 3.「腹斜筋を鍛える」

 

この中の一つだけをやっても効果があると思いますが、3つとも性質の違う対策なので3つセットですることをおすすめします。

多方面からアプローチするほうが最も効率がいいからです。

毎日続けるのは慣れるまで大変ですが、慣れてしまえばせずにはいられなくなります。(笑)

続けて効果が出れば自信にもつながるので、まず第一歩を頑張ってみましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です