【離乳食作るのに飽きた】ラクラク時短!ベビーフードで愛情たっぷり離乳食!

スポンサードリンク




忙しい時や、ちょっと疲れた時でも、

赤ちゃんには栄養満点の離乳食を食べてもらいたい…!

そんな時にオススメなのがベビーフード。

 

味が濃いのでは?

 

と敬遠する方も多いかと思いますが、過度な調味料は使用されていません。

上手に離乳食生活に取り入れてみてはいかがですか?

 

ベビーフードってどんなもの?

ベビーフードには4つのタイプがあります。

月齢やアレルギー、
初めて口にするもの

などをしっかり確認して、使いやすいものを選びましょう。

いざという時にストックしておくと、とても便利ですよ!

 

・フリーズドライ

お湯を注ぐだけで簡単に出来てしまいます。

離乳食初期でも使える、小さじ1サイズのものから、
1食分がトレイに入っているもの

まであります。

お湯を注ぐだけですし、軽いので持ち運びにも便利です。

 

・瓶詰め

開けたらすぐに食べられる

こちらもお出かけに便利な一品です。

 

メニューも豊富で、1食分ずつ小分けにして冷凍保存できます。

家に保管しておくと何回かに分けても使えます。

 

・レトルト

そのまま食べられるタイプ
湯煎して温めて食べるタイプ

があります。

メニューが豊富で、手間の掛かるようなものが簡単に食べることが出来ます。

 

・粉末

主にお出汁やスープ、とろみなどがあります。

離乳食初期の場合、とろみを付けることが多いです。

粉末を入れるだけでキレイなとろみがつきますよ!

少量の離乳食を作る場合も上手に作ることが出来ます。

ベビーフードの活用方法!

 

1. 栄養バランスを意識する

離乳食は、

炭水化物
たんぱく質
脂質
野菜

の栄養バランスを意識して進めます。

その日のメニューに使われていない栄養素を、簡単に補ってみましょう。

 

まあ炭水化物は問題にはなりませんよね。

おかゆなどは家でもすぐに出来ます。

冷凍保存もしやすいので、常備している方も多いかと思います。

 

でも野菜などは?

旬もありますし、結構買うものが偏ってしまいますよね。

そんな時に、「あまり家庭で使っていない野菜を取り入れる」

など、栄養バランスを考えてベビーフードを使ってみましょう。

 

2. 離乳食の時短に!

離乳食は、柔らかく煮たり、裏ごしをしたりと
時間も手間もかかります。

それらが完了しているベビーフードをうまく使って、時短を目指しましょう!

  • 基本のお粥に野菜ペーストを混ぜて「おじや」に
  • 野菜ペーストや果物のペーストを混ぜ込んで栄養満点のパンケーキを

 

ペーストはそのまま食べるのにも使えますが、いろんなアレンジがききます。

なので、ストックしておくといろんなメニューに使えますよ!

 

3. メニューのバリエーションを増やそう!

凝ったメニューなども豊富に取り入れられているベビーフード。

炊き込みご飯や煮込み料理なども簡単。

 

自分で作るとなかなか時間も手間も掛かって、凝ったことが出来ない!

 

そんな時に、一品として献立に組み合わせてみましょう。

 

4. 赤ちゃん連れのお出かけ時のお弁当に!

お弁当としてベビーフードを使う利点は、なんといっても衛生的!

また、きちんと密閉されているので持ち運びも便利!

 

商品によっては、スプーンなどが入っているボックスタイプもあります。

それだけ持って行けばOKなのです!

温めるタイプのもの
そのまま食べられるもの

両方があるので、そのまま食べられるものを常備しておきましょう。

そうすれば、急なお出かけにも対応出来ますよ!

まとめ 手作りとベビーフード、バランス良く使い分けましょう!

手作りの離乳食は栄養も愛情も含まれているので、赤ちゃんにとって本当に良いご飯です。

それでも毎日の疲れなどでどうしても休みたい時など、
ベビーフードで一手間を省いてみてはいかがですか?

 

  • 手作り離乳食の、メニューの参考にもなります。
  • 初めての離乳食作りの固さや大きさの目安にもなります。

 

手作りとベビーフード、バランス良く使って、
赤ちゃんとの離乳食生活をどんどん充実させていきましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です