【怒らない子育ては成功しない】否定派の私が語る良い子に育てる3つのコツ

スポンサードリンク




最近よく〝怒らない子育て〟という言葉を耳にします

実際はどうなんだろう?と思いませんか?

 

  • 子どもを何でも自由奔放にして、周りに迷惑をかけてしまう。
  • しかし、毎日怒ってばかりで、イライラが溜まり、子どもたちに優しくできない。

 

なんてこともありませんか?

〝怒らない子育て〟否定派の私が体験したことを元に、子どもとうまく付き合う方法を3つ教えます。

 

その1 子どもの手の届くところに触ってほしくないものは置かない。

まだ大人の話を十分に理解できない赤ちゃんのうちは特に、

何でも目の前にあるものを口に入れてしまいます。

 

そのため、誤飲してしまうことも、、。

だからといって、「あれもダメ」「これもダメ」と言うのではなく、

全て手の届かないところにおいてしまいましょう。

 

その2 聞き分けのない子には事前に説明する。

出かける前など、行動あるごとに、事前に説明するようにすると理解できることも多いです。

例えば、スーパーマーケットに行く時に、

  • 「今日はお菓子は買わないからね」
  • 「お店では走らないでゆっくり手を繋いで歩いてね」

などです。

私の場合は、台所でガスを使う時、

オーブントースターを使う時に事前に

「あちちだから、近くに来ないでね」と伝えてます。

 

その一言だけでも、近づくことがなくなり、怪我の防止にも、なりました。

 

その3 叱るときはしっかりと注意をする。

  • 事前に約束したけど、騒いでしまった、
  • お店で大きな声を出してしまったなどのときは、

しっかりと注意をすることです。

そこで大切なので、

「ますは、やめさせて、簡潔に短くわかりやすく注意すること」です。

 

長々と怒ってても子どもは内容を理解できなく、

親もイライラが溜まるだけ

伝えたいことだけを述べることです。

 

そして、なぜそれがダメなのか、

それをしたらどうなるのか、

やめてほしい理由をわかりやすい言葉で話します。

 

まとめ・結局、事前準備がコツ!

  • ポイント1 子どもの手の届くところに触ってほしくないものはおかない。
  • ポイント2 事前に説明する。
  • ポイント3 叱る時にはしっかりと注意する。

 

私は子どもが生まれたばかりの頃は怒れずにいましたが、

たくさんのことを子どもがわかるようになると、

怒らずにはいられないという状況になりました。

 

私はまだ試行錯誤の途中ですが、先ほどの3つのとこを試してるうちに、

少しずつと出かけても周りの人に挨拶をして、手を繋いで歩いてくことができました。

 

これは個人差にもよりますが、一度失敗したからと言って諦めず、

何度も何度も話をすることが大切です。

 

ぜひ試してみてください。

子どもはママの笑顔が大好きなので、少しでも多く笑顔が増えますように。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です