【子どもに怒りをぶつけてしまう】怒鳴り声を出してしまって後悔している母親がイライラを鎮める3つの方法

スポンサードリンク




あなたは子供のイヤイヤ期で「自分もイライラしてしまう事」で悩んでいませんか?

 

子育てを経験された事がある人は「イヤイヤ期」を少なからず経験された事があると思います。

私も3人の子供がいますので3人とも最低最悪なイヤイヤ時期をあじわったうちの1人です。

何をするにも子供がイヤイヤいうは、大泣きするは、暴れるはで「私の子育ての仕方が悪いからこんなにこの子はイヤイヤ言うのかな・・・」っと自分を責めたりもしました。

しかも一人目の子育てなら尚更自分を攻めますし旦那も「日中甘やかして子育てしてるからこの子はこうなったんだ」っとショッキングな言葉を平気でいうはで追い込まれた時期もありましたよ(;_;)

「はぁぁ゛(怒)??日中仕事でいないお前に何がわかるんじゃ━━━━(*`Д´)ノ !」

「こっちは一人目の初めての子育てて、子育て1年目なのに私を責めんじゃねーよ(怒)!!」

っと心の中で愚痴を言ってましたわ( ̄▽ ̄;)

イヤイヤ期は1才から2歳までがピークと言われています。

子供はイヤイヤする事で自分をコントロールする術を学びます。

ママはそのサポート役です^^

頭では分かっていても毎日イヤイヤを目の当たりにすると可愛い我が子でもママだってイライラしてしまいますよね(>_<)

一筋縄縄ではいかないイヤイヤ期を普通に過ごすだけでもぐったりで疲れてしまいます(´×ω×`)

 

なので今回は【ママのイライラを和らげる3つのポイント】をご紹介いたします^^

これを読めば少なからず気持ちが落ち着くはずです^^

イヤイヤ期でイライラしてしまうのはあなただけではありません。

イライラしたって言いんです。イライラするのは当たり前ですから。

ただそのイライラを子供にぶつけてはダメなんです。

子供にイライラをぶつけないようにする為にイヤイヤ期を乗り越えましょう(^^)

 

【ママだってイライラしますッ!!】子供のイヤイヤ期で爆発寸前を回避する方法は!?

 

その1 「成長したんだ」とゆったり構え出来るだけ見守る気持ちを!

イヤイヤ期は子供が成長した証でもあります^^

「大きくなったなぁ(^^)」と、ゆとりを持って見守る事が大事です。

すぐ見える所に子供の「赤ちゃんの写真」を置いておくのは効果的です♪

「この時からこんなに成長したんだ、早いなぁ^^」など心を落ち着かせる事ができますよ(^^)

 

その2 時間にゆとりを持って過ごす!

子育てに完璧を求めてはストレスの原因にもなります。

「〇時までに家に帰って〜」

「〇時に夕食食べて〜」

「〇時にお風呂で〜」

など時間を考えすぎると子供のイヤイヤで計画が狂った時にママがイライラしがちになります!!

なかなかスケジュール通りにはいかないのが子育てです。

完璧を求めず時間にゆとりを持ちましょう(^^)

 

その3 イライラしたら1人で抱え込まず旦那さんや周囲に話を聞いてもらう!

私はよくイヤイヤ期の愚痴は母親に聞いて貰っていました。

旦那に話すより同性の母親の方が私の話に共感してくれますからね(。¯∀¯。)ニヒ

ママ友・母親・旦那さんなどあなたの話やすい人で良いんです!!

イヤイヤ期の愚痴を誰かに聞いてもらいましょう^^

もし旦那さんに話を聞いてもらうなら「アドバイスはいらないからただ話を聞いてもらうだけ」にしてもらって下さい^^

旦那さんのアドバイスってイラッとする事もありますからね^^;

共感してもらう事で気持ちが楽になるものです。

旦那さんには、日々のあなたの大変さを知ってもらい理解してもらいましょう!

 

まとめ イヤイヤ期は一生続くものではありません。

 

【ママのイライラを和らげる3つのポイント】をご紹介いたさしました^^

 

  • その1 「成長したんだ」とゆったり構え出来るだけ見守る気持ちを!
  • その2 時間にゆとりを持って過ごす!
  • その3 イライラしたら1人で抱え込まず旦那さんや周囲に話を聞いてもらう!

 

イヤイヤ期はママが対応に困る事が多い時期です。

 

でもイヤイヤ期で自己主張が強く泣いたり暴れたりする事は決してあなたのせいではありません!!

それが成長の過程ですし、あなたもイヤイヤを対応して学ぶ事もたくさんあると思います^^

でも、子供の成長の中のほんのひと握りの時期だけです。それを理解し乗り越えましょう^^

 

イヤイヤ期が過ぎた後、イヤイヤ期を思い返すと「たいした事無かったな」とか「どんなイヤイヤ期だったか忘れた」など案外思うものです(。¯∀¯。)

イヤイヤ期を楽しめる気持ちの余裕が持てると尚いいですね(^^)

スポンサードリンク