サティのコンクショコラはビターで男子向きのチョコだよ

スポンサードリンク




サティはフランスのチョコレートブランドで、かわいいデザインのトリュフやチョコを販売している。

値段も手頃で、商品のコンセプトとかも、20代の女子をターゲットにしている印象がある。

「恋のてっぽうだま」なんて甘いトリュフは、若い女子がターゲットだ。

関連記事:サティのバレンタインチョコ「恋のてっぽうだま」を男子にプレゼントして大丈夫なのか?

 

都内の店舗は銀座三越と日本橋三越とアトレ吉祥寺、と3つだけ。

 

さて、「恋のてっぽうだま」や定番商品である「シャポーショコラ」(帽子型トリュフ)は、ちょっと甘い。

アトレ吉祥寺の店員さんも「「恋のてっぽうだま」「シャポーショコラ」は、サティのチョコの中でも一番甘いほうです」なんて教えてくれた。

じゃあ「一番甘くないのはどれですか?」と聞いてみたら、今回紹介する「コンクショコラ」を教えてくれた。

買って食べてみたから感想を書いてみるよー。

 

コンクショコラはハードなビターチョコ

コンクショコラ。「コンク」はフランス語で「巻き貝」を意味しているよ。名前の通り、貝殻のような形をしている。

【楽天市場】サティ コンクショコラ(6個)

値段は楽天で1512円。お手頃だね。

 

ハード系の硬いチョコということだけれども、食感は「パキッ」という、いい感じの歯ごたえがある。

サティの商品はトリュフが主だから柔らかいチョコが多いけれど、変化球としてもいい。

味は、確かに甘すぎなくていい。もちろんトリュフ的な甘みがメインなんだけど、ビターなカカオがちゃんと働いて、後味の甘い感じを消してくれる。

要するに、外側のハード部分がビターカカオで、内側は甘いトリュフショコラなんだよね。これはおいしい。

ひとつひとつ、大切に食べたい感じ。トリュフはちょっと急いで食べなきゃいけない感じがするけどさ。こっちはハードだから、安心してゆっくり食べられる。

 

プレゼントにサティのチョコを考えているけど、甘すぎるのを避けたいという場合は、コンクショコラがおすすめですよ。

コンクショコラも貝殻の形でかわいいデザインだし、箱も赤くてバレンタイン感あるので、男子としてももらったら嬉しいプレゼントです。

参考になれば!


【楽天市場】サティ コンクショコラ(6個)

スポンサードリンク