イルフェジュールの蒸しショコラがバレンタイン義理チョコに丁度いい

スポンサードリンク




イルフェジュール。こちらの蒸しショコラはまるで生チョコのような食感。値段も1つ168円と手ごろ。

この蒸しショコラはうまい。だけどお店が神奈川県川崎市(新百合ヶ丘駅など)と、都内には立川にしかない。

さすがの女子の皆様でも、ご存じないでしょう? ふっふっふ。義理チョコにいいと思う。本命にだっていいけどね!

 

「被らない義理チョコ」としておすすめのイルフェジュール

川崎も立川も、23区に住んでいる方はまず行かないような場所だ。新宿や渋谷のほうが近いからね。

だから義理チョコとしては、職場が都心の方なら、まずプレゼントとして被らない! ここはかなりポイント!

男子からするとね、バレンタインにチョコをもらったときに、誰かと被っていたら、嬉しさ半減しちゃう。

もらってる身分で本当にエラそうなんですけど(許してね)、でも被ってしまったら、かなり損です。手抜き感も割り増しされちゃう。

 

もし職場とかで、女子がたくさん義理チョコを渡すような環境だと、たとえば「東京ミルクチーズ工場」や「リンツ」だったりすると、かぶってしまう可能性がなきにしもあらず。

その点、イルフェジュールのこの蒸しショコラなら、その心配は限りなく0に近い。

 

これは例えばの話だけど、ゴディバを義理チョコとして数粒プレゼントしたとする。(リッチだな~)

そして別の誰かもゴディバをプレゼントしていたとする。そのとき男子はどう感じると思いますか。

 

 

怒らないでくださいよ?

 

「ああ、またか。」などと考えます。「オレはモテるな~」と図に乗るか、「ゴディバ=義理チョコ」という認識になります。

なんて生意気なんでしょう! 男子はバレンタインの常識を知らないから、もう自分の少ない経験の中で理解しようとするんです。

 

図に乗った生意気な男子を量産しないためにも、プレゼントは被らないようにするべき!(笑)

しかもイルフェジュールのこの「蒸しショコラ」は本当においしいので、プレゼントだけではもったいない。

5個入りは箱も上品で、そのままプレゼントできます。男子は「箱がある/ない」は理解できますが「箱のデザイン」にまでは注意がいきません。

男子の脳では、認知資源がそこまで働かないんです。残念ながら。だからまともな箱に入っていれば大丈夫です。

 

イルフェジュール 蒸しショコラの評価はこちら。

 義理チョコ3大要素

・値段が安くておいしい(コスパ)★★★★☆ 5個で1000円。

・手抜きに見えない(ビジュアル)★★★★★ 他人と被らない!

・勘違いされない(義理チョコ感)★★★☆☆ 複数人に渡しておこう。 

 

 

下記のリンクから、オンラインでも購入できます。

蒸ショコラ 5個・箱入り 1,032 円 公式サイト

スポンサードリンク