メリーのファンシーチョコレートをバレンタインにもらったら

スポンサードリンク




メリーのファンシーチョコレートは、12粒と味が豊富で、値段も540円といった破格の値段。

いかにもチョコレートという感じで、バレンタインに男子へプレゼントするのにはもってこいでしょう。

本命には少し及ばないけれども、それなりに気持ちのこもった義理チョコとしては十分なプレゼントかと思います。

 

モロゾフも似たようなポジションにあります。礼儀としての義理チョコであれば、メリーかモロゾフのどちらかを選べば問題ありません。

関連記事:モロゾフの詰め合わせ義理チョコでお返しを狙う女子について

 

メリーのファンシーチョコレート

メリー商品はバレンタインの時期にはデパートの催事なんかに必ずと言っていいほど販売されています。

チョコの種類は、ミルクチョコレートのほかコーヒー・紅茶、キャラメル、アーモンド、ストロベリーなど豊富

ファンシーチョコレートは全体的に甘めのチョコレートが多いので男子にはどうかなという部分もあります。

しかし1粒は小さく、種類が豊富なので、食べるのが嫌になるほどの甘みはないです。(甘いのが嫌いな人には別のものを渡したほうがいいですが。)

数も12個が540円と最安ですが25粒でも1080円とかなので、25粒でもいいでしょう。

ただし、プレゼントする男性が独身1人暮らしとかであれば12粒で十分。25粒は多すぎるかな。

 

まとめ買いならメリーチョコレートミックス

もしばら売りを求めているなら、「チョコレートミックス」というチョコもある。

パーティ用ということで売られているけれども、義理チョコを渡す相手が多い場合、チョコレートミックスを買って、ラッピングで小分けにしていくといいかもしれない。

チョコの種類も12種類。

(ミルク・スイート・ストロベリー・アーモンドクランチ・ミルクビター・セミスイート・ジャンドゥヤ・ブルーベリー・ココアクリーム・キャラメル・クランチチョコレート・チョコレートクッキー)

値段は1kgで、およそ4000円。9人以上に渡すなら、12粒540円のファンシーチョコレートよりもこちらがいいですね!

手抜きに見えないかって? 大丈夫。ラッピングさえしてくれれば、手抜きに見えません。

 

メリーチョコレートの評価はこちら。

 義理チョコ3大要素

・値段が安くておいしい(コスパ)★★★★★ 安くて多い

・手抜きに見えない(ビジュアル)★★★☆☆ ビジネス義理チョコ

・勘違いされない(義理チョコ感)★★★★☆ 問題なし

スポンサードリンク