無印良品まずい食品3選…当たり外れが大きいぞ!

無印良品たべもの

スポンサードリンク




これはいまいち……無印良品3つのはずれ食品

 

無印良品のレトルト商品。
とても種類が豊富で美味しいものがたくさんあります。

しかしやはり当たり外れというものはあるもので、正直言ってまずいものもあります。

おいしいレトルト食品は以下の記事で紹介しました。

無印良品のホントにおいしいレトルト食品5選!

 

今回は、無印のレトルト食品中で評判の悪いもの、いまいちなもの3つご紹介します。

色々試した結果の、あくまで個人的な感想なので、ご了承くださいませ。

無印良品の感想まとめ

 

ハズレ1 カップラーメンバターチキン味

無印はカップラーメンも売っています。
その中でグリーンカレー味は、辛党ならばおいしく食べられるカップめんです。

しかしこのバターチキンカレー味はすこぶる評判が悪い。
バターチキンとうたっているのに、バターチキン感が全然ありません。
むしろトマトカレー味というべきでしょう。

バターの風味が全然ないのにバターチキンカレー特有の甘みはあります。
このせいで、変に甘いトマトカレーみたいな味わいになっています。

またエビのダシのせいで東南アジア、タイ料理のような風味もします。
もちろんエスニックな風味が好きな方は美味しいカップめんです。

しかしバターチキンを期待して買った人にとっては期待はずれになる商品かと思います。

 

ハズレ2 パスタソースウニクリーム

正式名称は「素材を活かしたパスタソースウニクリーム」
値段は390円。

これは正直言って残念なソースです。
まずウニが少ない。香りもほとんどない。

ウニのつぶつぶ食感は入っています。
しかし味わいとしては、ただの「しょっぱい生クリームソース」という感じ。
個人的にはかなりハズレでした。

もともとクリームソースが好きじゃない、というのもあります。
じゃあなぜ食ったんだという感じですが(笑)

 

ハズレ3 凍頂烏龍茶

正式名称は「台湾産茶葉使用 凍頂烏龍茶」
価格は100円。(500ml)

最後は飲み物。
私はウーロン茶が好きで、サントリーの烏龍茶を良く飲みます。
しかしたまには違うウーロン茶を飲んでみたいと思い、無印のウーロン茶を試してみました。

凍頂烏龍茶の特徴は、華やかな香りとほのかに甘い後味。
無印の登頂烏龍茶は安いのですが、後味に苦みや渋みが目立ちました。
無印でお茶を買うのであれば、凍頂烏龍茶以外のものを選ぶのがベターかなと思います。

 

まとめ

無印の食品の中でいまいちだったものを3つ紹介しました。

無印の食品はとってもおいしいものが多いです。

しかし当たり外れもあるので、個人的にはハズレだったかなというものを紹介してみました。

 

ほかにも無印良品の食品をいくつか紹介しています。
よかったら以下からご覧ください。

無印良品の感想まとめ

スポンサードリンク