【トイレトレーニング夜が失敗する】夜間は無理せずOK!私の体験談

スポンサードリンク




あなたは「赤ちゃんが夜どうしてもトイレを失敗する」と悩んでいませんか?

 

 

昼間は、トイレトレーニングパンツをはかせて、おまるに誘ったり、トイレに子ども用便座を用意すればいいんですが、問題は夜です。

昼は成功することがふえてきたのに、夜はまだまだ…と悩んでいる方に体験談をご紹介します。

 

 

トイレトレーニングおしっこ編

トイレトレーニング中、夜だけおむつさせても良い?

 

私が育児をしていた当時、一回トイレトレーニングを始めたら、こんなアドバイスをもらいました。

 

「オムツにしたりパンツにしたりとコロコロ変えない方がいい」

 

でも、実際やってみるとこれが大変。24時間寝ずにつきあうことはできませんよね。

 

トレーニング中だからもうオムツは使わず…

これでは子どもより大人の方が心が折れてしまいます。昼間成功するようになったからって夜もいきなりできるとは限りません。

 

『出たくなったら教える』ができるようになるまで夜だけオムツでも大丈夫です。

  1. 赤ちゃんが膀胱におしっこが溜まったと感じる
  2. →ちょっとがまんする
  3. →脳からOKが出ておしっこをする

 

これが出来上がって初めておしっこを教えられるようになるわけです。

無理強いして焦ってもストレスがたまるだけです。

 

わたしの体験談 夜もパンツは無理! 紙おむつでも起きません

昼間と夜は全く別物で、夜のトイレトレーニングは昼間より時間がかかりました。

ちゃんとおしっこを教えられるようになるまでは夜もパンツで過ごすは無理です。ちゃんと言えるようになるまで夜は紙おむつを使いました。

おしっこで濡れて不快になれば起きて教えるようになるのでは…?というのは間違いです。睡眠を妨げる原因にもなります。

昼間、おまるやトイレで失敗して床をふくのとは違って、お布団の上におねしょシーツは敷いていましたが、お布団での失敗はないほうがありがたい…よくそう思ってました。

息子の布団は、私の母が布団屋さんであつらえてくれたわたの布団で丸洗い不可だったのでなおさらですf^_^;

なんどかお布団に失敗しましたが仕方ないことなので外に干してました。

夜だけ紙おむつのパンツがクセになってしまわないか心配もしましたが、だんだんできるようになっていきました。

あせらないのが一番です。周りの友達の話を聞くと焦ったりしますが、気持ちにゆとりをもって接してあげてください。失敗しても叱らないようににしてあげてくださいね。叱ったりするとトイレに行きたくなっても教えなくなったり、がまんするようになってしまいます。

「失敗しちゃったね、気持ちが悪いからお着替えしようね。今度は教えてね」みたいな感じで。

 

トイレトレーニングうんち編

 

☆体験談☆

トイレトレーニングもおしっことうんちはこれまた別物で、うんちの場合は、顔をしかめてうーんと力んでいる様子がみられたのでおまるに誘ってみました。

成功するまでには時間がかかりましたが、成功した時息子と手をたたいて大喜びしました。

トイレトレーニングは昼間と夜、おしっことうんちと課題がいっぱい。

そろそろおしっこかな?うんちでるかな?と大人の判断で進めても、遊びを中断されるとトイレに行くということもイヤになってしたくても言わなくなってしまうことも。

お昼寝の後、目覚めておしっこがしてなかったらチャンスです。おまるやトイレにさりげなく誘ってみましょう。

「チーでるかなー?」出た時は本人も嬉しいはずですよ。

 

 

スポンサードリンク