【優柔不断を直す方法】ネットでも店舗でも服を買えない人が1分で決断できる3つのワザ

スポンサードリンク




決断力がある人が羨ましい!自分のこの優柔不断な性格を治したい!と悩んではいませんか?

 

何かを買う時、何かを決める時、必要以上に悩んで迷っていつも決断することに時間がかかってしまう・・

 

例えばこんな場面で…

  1. 「レストランなどでメニューを決める時に時間がかかって周りに迷惑をかけてしまう」
  2. 「服を買う時にそれを今買ってもいいのか悩み、結局後悔をすることになる」
  3. 「仕事でお客さんをうまく誘導できずいい仕事に繋がらない」

 

このように生活の中で「優柔不断」が影響する場面は意外とたくさんありますよね

 

私は子供用の抱っこひもを買うのに迷いました。
同じメーカーなのですが安い方と高い方と迷っていました。
結局安い方の物を買ったのですが使い勝手があまり良くなく、高くてももうひとつの物の方が良かったのかなと少し後悔です・・。

悩みに悩んでも後悔するときはするんですね笑

 

でも、そんな場面を少しでも減らすには!?

3つの事を意識するだけで驚くほど改善されます!!

 

決断力アップ! あなたの優柔不断を一挙解決する3つの方法!

1.最初の直感で決める!

物事を決めるとき、初めに少しでも感じたものや心に残ったものを信じましょう!

例えば服を買うとき、直感で「この服欲しいな」と思っても「もしかしたら別のお店にはもっと良い服があるかもしれない・・・」と躊躇って何件が周って結局最初の服が良かった

しかし戻った時にはすでに売れていた・・

なんて経験はないでしょうか?

結局いくつか見てから買おうという気持ちは初めの直感を正当化するための行為にすぎないということです

1度直感で決めた事を「やっぱり…」と考え直さないこと!

その直感を信じてみてください

 

2.失敗を怖がらない!

優柔不断な人は「これを選んで間違えたらどうしよう」、「この選択は正解なのかな」と失敗を恐れる人が多いのが特徴です

そう思えば思うほど選択する事が難しくなり決断力がない人になってしまいます

自分が選んだもの、決めた事に自信を持つと共に「失敗してもいいや」とおおらかな気持ちでいた方が楽になれますよ!

「そんなに悩むほど重要な選択ではないのかもしれない」と思えることもあります

 

3.自分が決める癖を付ける!

周りの人が決めてくれることが多かった人は優柔不断になりやすい傾向があります

人が決めてくれたら責任感もなく楽ですよね

それが原因で常に自分で決める機会を失くすとどんどん受け身になり、いざ決めなければならないときに決断出来なくなります

人の意見などは参考程度にして最終的には自分自身で決める癖をつけましょう!

もし良くなかった結果だとしても「自分が決めたんだから」と納得することが出来るんです!

 

まとめ:

  1. 「最初の直感で決める!」
  2. 「失敗を怖がらない!」
  3. 「自分が決める癖をつける!」

この3つを意識するだけでコンプレックスだった優柔不断な性格も改善出来ますよ!!

最後は自分を信じて決断するのみ!

頭で考えるよりまずは行動です!

スポンサードリンク