綺麗な夜景にはデメリットも?がっかりしないイルミネーション鑑賞方法とは?

スポンサードリンク




今年こそは冬のイルミネーションを堪能するぞ!

と思っているあなた。

どこのイルミネーションに行こうか決めましたか?

冬になると色々な場所でライトアップが始まり、

たくさんの人でにぎわっていますよね♪

でも、こんな経験ありませんか?

人が多すぎてイルミネーションどころじゃない。

寒すぎてロマンチックな気分になれない。

近くに行き過ぎて意外と設置が雑だったことでテンションダウン。

せっかくの楽しい気分がちょっと悲しくなりますね(´;ω;`)

そんな気分にならないためのちょっとした知恵を教えますね♪

 

イルミネーションを最大限楽しむための3つの方法♪

その1 街の夜景は100万ドル♪

何かの曲でそんなフレーズがあったような気がしますが・・・

安心してください!実際に

街の光の夜景を見ましょう!

というわけではありませんよ(笑)

夜景と言えば、高台に上がってそこから見下ろしませんか?

高速道路から見える夜の街並みってとてもきれいですよね?

イルミネーションも同じです!!!

少し離れた場所から見るのが一番綺麗です。

暗闇の中に光だけが綺麗に輝くからです。

星空にも似ていますね。

空気が澄んでいて周りに明かりがないところの星空は

イルミネーションに負けないほどの輝きを放っていますよね♪

公園などで開催されるイルミネーションであれば、

小高いところに芝生があったり、展望台があったりもします。

テーマパークでのイルミネーションであれば、

イルミネーションを見るための高台もだいたいの場所は作ってあります。

遊園地などであれば、観覧者に乗ったりでもロマンチックですね♪

問題は待ち全体にイルミネーションが施されている会場ですが、

ここはイルミネーションを見に行くというよりも、

ディナーのついで、買い物のついで・・・というつもりで行けば

がっかりすることもなく、この時期にここに買い物に来てよかった♪

と少し得した気分になりますよ(^o^)

 

その2 凍えそうな夜は気を付けて!

思えばこのフレーズも何かの曲であった気がします。

でもその通りです!気を付けてください!

季節は冬です!いくらデートだからって外見ばかり気にしすぎて

体調管理を怠ってはいけませんよ!!

12月の夜の例年平均気温は10℃を切ってきます。

そんな時に肌の露出率50%なんて、普通の人なら風邪をひいてしまいます!

気合を入れるのも必要なことですが、ここは入れすぎに注意しましょう。

今はインナーも温暖シリーズはたくさん出ていますよね。

着るだけでぬくぬく。首元が開いてるものもあって、どんな服装にも

割と着られるので使い勝手がいいです♪

私は首元にニット系があると荒れたりかゆくなったりするので

コットン素材のフワフワスヌードでカバーしています♪

足元も素足!なんて人をよく見かけますが、鳥肌立っちゃっててかわいそうなので

せめてポカポカあったかストッキングは着用することをお勧めします(^-^;

ミニスカートを着たい人は、冷たい風が入ってきても大丈夫なように

腰にホッカイロを忘れずに!

 

その3 じっくり鑑賞は室内からが〇

イルミネーションは広範囲にわたって設置されていることが多いです。

なので一か所に立ち止まって鑑賞するものではありません。

イルミネーションの中を歩いている煌びやかな気分を味わったり、

遠くからパッと見て気分を華やかにしてくれるものなのです。

キラキラしているお店ってなんだか魅力的に見えますよね♪

イルミネーションにうっとり見つめていたい時は、屋外で立ち止まるのではなく

レストランやカフェの店内に入って、そこから眺めましょう♪

他の通行人の邪魔にもならないですし、何より寒くもないです(笑)

 

まとめ

綺麗なバラにもとげがあるように、キレイなものにはデメリットもあります。

そんなデメリットを上手に回避しながら素敵なクリスマスを過ごしてくださいね♪

  • その1 街の夜景は100万ドル♪
  • その2 凍えそうな夜は気を付けて!
  • その3 じっくり鑑賞は室内からが〇

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です