【子連れで八景島シーパラダイス】サカナリーフが最高!3倍楽しむための3つの秘訣を要チェック!

スポンサードリンク




子連れで水族館に行きたい、子どもを水族館デビューさせたい

と思っているお父さん、お母さん必見!

 

せっかく行くなら、安く・楽しく・そして子どもの満面の笑みを見たいはず!

 

今回は3倍楽しむための秘訣をお伝えしていきます。

ぜひチェックしてみてください。

 

子どもを喜ばせるための秘策三本だて!

その1 前売り券で安く入園

 

皆さんご存知の通り、

八景島シーパラダイスは水族館と遊園地両方を楽しめるテーマパークです。

入園券は大きく分けて4種類あります。

 

  • 水族館+遊園地1日フリーパス
  • 水族館+遊園地1日夕方からのフリーパス
  • 水族館のみ
  • アトラクションのみ

 

金額にも幅があり、

  • 1日フリーパスは大人5,000円台(夏季と冬季で金額が違います)
  • 水族館のみですと大人3,000円

 

家族全員で行くとなると…

1万円を簡単に超えてしまいます!

 

少しでも安く行きたいとお考えのかたは、

事前に前売り券を購入することをオススメします。

 

コンビニや職場の福利厚生、金券ショップ、

最近流行っているメルカリなどのフリマアプリも要チェック!

 

安く買ったり割引券を入手して、ういたお金をお子さんの食事代やお土産代にしましょう。

 

その2 屋外イベントに行きたいなら雨の日は避ける! 事前に内容をチェック

水族館というと、雨の日でも楽しめる!

というイメージの方が多いかもしれません。

 

ですが、八景島シーパラダイスに行くなら雨は避けたい…

 

なぜかと言うと、

水族館は4つに分かれていて、室内2施設・屋外2施設となっています。

雨だと思う存分楽しめない!ということがあるので、できたら晴れの日を狙いましょう。

 

そして、大切なのはイベントの時間と内容を公式ホームページよりチェックすること!

4つの水族館では至るところでイベントが行われています。

 

全部見るのは難しいというほど種類が多いので、

どれを見るか候補を挙げておいたほうが効率よく周れます。

 

その3 冬以外は着替えとタオル持参

 

水族館で着替えとタオル?と思った方が多いのではないでしょうか。

 

先ほどお伝えした4つの水族館のひとつ屋外施設「ふれあいラグーン」では、

名前の通り海の生き物と触れ合えます。

 

その中の「サカナリーフ」というスペースは、

靴を脱いで水の中に入れるようになっています。

ヒトデ、ナマコ、魚などがいて、触ったり観察をすることができますよ。

 

歩けるようになったばかりの赤ちゃんから、

小学生のお兄さんお姉さん達が自由に遊んでいる風景が印象的です。

中には転んでしまったり裾が濡れてしまう子もいます。

 

暑い日は特に賑わっていて、水着やオムツだけという光景も多いです。

遊んだ後は水道で脚を洗えるスペースがあるので大きめのタオルがあると便利ですし、

思いっきり遊べるように着替えもあるとより遊べます。

 

まとめ 3つの秘策をおさえてレッツゴー!

  1. 安く入園して食事やお土産代にしよう!
  2. イベントをチェックして効率よく周ろう
  3. サカナリーフに行くなら着替えとタオル必須

 

お子さんに喜んでもらうための秘策をご紹介しましたが、いかがでしたか?

とても広い施設なので、1日楽しめること間違いなし!

小さなお子さんから大人まで楽しめると思うので、ご家族揃って足を運んでみてください。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です