【家事で一息つくたびにお菓子を食べてしまう】誰でも間食を半分にできる裏ワザ3選!

スポンサードリンク




あなたは間食をやめられなくて悩んでいませんか?

間食っておいしいですよね。

お腹が空いていなくても、

「口がさみしい」

なんて言い訳で、ついつい食べてしまう間食。

とくに主婦の方、

家事の合間の休憩中、

「ちょっとだけ・・・」

と、ついつい手が出てしまいませんか?

ほどほどの間食ならよいのですが、

食べ過ぎた時の罪悪感!!

「あーー、やってしまったーーー!!」

と後悔するパターン・・・。

これはつらい!

でも我慢しすぎるとストレスも溜まってよくないですよね。

ここで、ちょっと役立つ「間食を減らす3つのポイント」をご紹介します。

 

【間食をやめたいやめれない!】間食を減らすアイデア3選

 

1 間食の種類を考える⇒2択を続けて最善を出す!

まず間食で何を食べるかが重要。

和菓子?洋菓子?

スナック?するめ?にぼし?

一番気になるのはやっぱりカロリーですよね。

カロリーを気にするなら「するめ」を噛み締めるのが一番!

でも、それはちょっと・・・って思う方は、

少し考えてみましょう。

スナック系、とくにポテトチップス。

これはカロリーが高い!

正直ショートケーキひとつ食べるよりも、

スナック系のほうがカロリーが高いことが多いです。

・・・となると、

スナック食べるよりは、ケーキですよね。

簡単な2択を続けていくのです

ケーキと饅頭ならどうだろう?

ケーキとわらび餅ならどうだろう?

こんな感じです。

そして、これを食べようと決まれば、

今週はもうそれを食べず、

あとはカロリーが少ないものを…、とか、

とにかく連続では食べないよう癖をつけていきます。

 

2 食べる時間をきちんと決めると太らない→食後すぐが意外にいい

時間は重要です。

よく「3時のおやつ」って言いますよね?

それはそれでもいいのですが…、

じつは、食後に連続でデザートを食べるのが一番いいようですね。

本来「間食」は、食事で足りない栄養素を補足する食事

でも、最近はほぼ「スィーツ」のことを言いますよね。

 

食後、一旦時間をおいてからの間食は、

消化に負担をかけてしまいます。

消化管がつねに何かを消化しようと動き続けるのです。

これでは胃腸は疲れてしまいます。

なので、本来は食後すぐに少量のデザートを。

それが無理なら、

「寝る前」などは避けて、

文字通り「3時のおやつ」を1回だけ!

あとは胃腸を休めてあげましょう。

 

3 目に見えるところにおやつを置くな!

ついつい食べ過ぎてしまう間食ですが、

少し自分にブレーキをかけるために、

食べるときは必ずお皿に出しましょう。

「今日はこれだけ!」

と決めて、お皿の分だけ食べる。

大袋のまま出してしまうと、もう手は止まりません(笑)

もしくは、小袋のおやつを食べるなど、

とにかく目の前にあるおやつの量を減らしましょう

 

【まとめ:間食を減らしながらもストレスフリーで生活にうるおいを!】

間食は絶対ダメではありません。

ポイントをしっかりつかめば、楽しい間食をライフが送れます。

  1. 間食の種類を考える⇒2択を続けて最善を出す!
  2. 食べる時間をきちんと決めると太らない→食後すぐが意外にいい
  3. 目に見えるところにおやつを置くな!

 

間食はストレスを発散したり、気持ちを軽くさせる作用があります。

我慢しすぎると、余計に「食べたい衝動」にかられます。

その気持ちを我慢すると、結局ストレスを溜めてしまいますよね。

間食とうまく付き合って、おいしい生活をしましょう!!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です