【自分に似合う服がわからない】最新の骨格診断でアカ抜け美人コーデが分かる!

スポンサードリンク




 

すてきだなぁと思って購入してみたものの、自分で着てみると、なぜかしっくりこない

なんて経験はありませんか?

それは自分に似合うデザインや質感の服じゃなかったから。

骨格診断は自分の魅力に気づき、自分という素材を引き立てて素敵に表現する為のメソッドです。

これから紹介する骨格の3タイプを知って、ぜひ自分に似合う美人スタイルを手に入れましょう♪

 

骨格診断3タイプとは?

 

ストレートタイプ

体の特徴 直線的な洋服が似合う。
全体的に立体感があり、肩幅が広く骨太で胸板が厚い。
どちらかと言うと上重心のメリハリボディ。

 

ウェーブタイプ

体の特徴 柔らかく曲線的な洋服が似合う。
体は薄く、華奢。肩幅が狭く、骨細。
筋肉より脂肪感を感じるソフトな体型。

 

ナチュラルタイプ

体の特徴 平面的でカジュアルな服装が似合う。
すらりとスタイリッシュなライン、肩幅が広く、胸板やお尻が平面的。
全体的に四角形のようなフレーム。

 

日本人に多いタイプはストレートやウェーブタイプです。
痩せていても太っていても骨格は変わらないので、基準はあくまでも骨です。

また、完全にストレートとかではなくて、ストレートやウェーブ、ナチュラルとストレートなど

ミックスした複合型の人もいます。
とりあえずは、自分に合った骨格タイプを、イメージしましょう。

 

骨格別、似合わせファッション

ではそれぞれのタイプで似合う服装を見ていきましょう♪

ストレートタイプ

柔らか素材ではなく、ハリのある素材、直線的でシンプルめのデザインが似合います。

トップは首から胸元にかけてスッキリ縦に開いたものがいいでしょう。

ニットはハイゲージがおススメです。網目の大きなサマーニットなら体のシルエットが見えるのでOK。

サイズは大きすぎず、小さすぎないものがベスト。

シンプルでハリのある素材が得意アイテムなので、シャツまたはシャツワンピはぜひ取り入れてみましょう。

ボトムスは太ももを強調させない、ひざ下やヒップラインをみせるタイトスカート
裾が広がっていないもの。

パンツはしっかりした素材でまっすぐな形を選びます。

ベーシックな形のストレートパンツが似合います。

フェミニンコーデなら、
スカートはIラインのハリのあるマキシタイプでシンプルなものがいいですね。

女性らしさを出すならどこかに高級感のあるカッチリ感を漂わせること。

 

ウェーブタイプ

上半身が華奢なので、ちょっと首元が詰まったものを着た方が似合います。

袖なしのノースリーブなどは体にフィットします。

さみしくならないように装飾的なファッションを取り入れましょう。
小物も細目のアクセサリーがよく似合います。

フレアやレースなど、ふんわりとした袖や柔らかなものはウェーブタイプの得意な素材になります。

腰の位置が低めで、下半身が重くなりがちなので、ウエスト周りが広がらないよう上重心にコーディネートするのがポイント。

ソフトな肌質に合う、薄く柔らかい素材で体の曲線やウエストのクビレを強調するスタイルを作りましょう。

スカートはフレアスカートなど軽やかにみえた方が女性らしさを際立たせます。

靴もリボンやストラップが付いたものを選ぶと本当に女の子らしく可愛い印象になります。

パンツはダボっとしたものは似合わないので、
履くなら下半身がコンパクトにみえるスキニータイプが◎

 

ナチュラルタイプ

柔らかな生地のデニム・ファーなどの素材感のあるものが得意です。

デニムシャツも、ボタンを1~2個分開かすくらいの控え目にするとカッコよく着こなせます。

ストールも大判のチェック柄や、ペイズリーなど植物をモチーフにした柄が似合います。

カジュアルなデニムワンピにファーを合わせる事で、高級感が出て洗練された都会的な雰囲気に。

首回りにボリューム感を出し、重心を上に引き上げることでスタイルがよく見えます。

アクセサリーはヘッドが大きいエスニックテイストのアクセサリーを選んで。

これからの時期にぴったりなブーツはウエスタンブーツ、ミディアムロング丈も似合います。

体のフレームがしっかりしていて、すらりとスタイリッシュなラインを持ったナチュラルタイプには、肩の力が抜けたカジュアルでリラックスしたファッションが似合います。

ゆったりとした作りこみ過ぎないコーディネートが大人の魅力を引き出します。

 

タイプ別ありがちなNGコーデ!

次は、骨格タイプから見るNGコーデを確認しましょう。

ストレートタイプ

ふんわり素材や体にフィットするデザインを選ぶとムッチリして強そうにみえてしまいます。

  • パフスリーブ
  • オフショルダー

など胸元がフリルや飾りがあると、いまいち。

ボリュームUPして着太り、薄いテロッとしたトップス、首のつまったデザインも苦しそうな印象を与えます。

プリーツスカートはヒップの幅が広がってみえるのでNGです。

中途半端なミディアムロングはバランスが悪くなります。

ピタッとしたパンツ、スキニーデニムを履くと、肉感が出てムチっとした感じにみえます。

 

ウェーブタイプ

Vネックセーターなどシンプルなアイテムだとさみしい印象
逆にラフな格好は垢抜けない感じになります。

ストンとまっすぐな太いシルエットは太って見えます
素材が厚手のゆったりしたトップスだと服に着られているような違和感を感じるでしょう。

スカートは直線的なラインだと下半身が重く感じます。

カーゴパンツや、ダメージ・ボーイフレンドデニムも
ダボっとして野暮ったく見えるので、下半身が太く見えてしまいがちです。

 

ナチュラルタイプ

カッチリコンパクトなアイテムはゴツゴツ感を際立たせ、
キレイ目でシンプルなアイテムも物足りない印象になります。

胸板は薄めのため、首回りが開いた服を着ると胸元がパカパカしてしまって不格好な感じに。

ストレートタイプのかっちり目の服を着ると貧相に見えてしまう可能性が高いです。

スカートは柔らかすぎる素材は逞しさが目立ってしまいます。
ショート丈やもも上も足が貧相に。
キレイめのストレートデニムは堅苦しいイメージになるでしょう。

 

まとめ

・ストレートタイプは、

シンプルな形でハリのある素材でスッキリ、ベーシックがキーポイント。

・ウェーブタイプは、

やわらか素材でメリハリボリュームアップ、足し算コーディネートで華やかに。

・ナチュラルタイプは、

ザックリ素材とゆったりコーデで、余裕あるラフな大人スタイル。

 

自分の骨格タイプを知る事で、自分に似合うデザインや素材を上手に選べるようになります。

体型や身長、年齢は関係なく、ファッションで自分の魅力を引き出すことが出来る骨格診断は、いままで失敗しがちだった人の強い味方になるでしょう。

3つのタイプから、あなたの魅力を引き出すものをぜひみつけてみて下さい。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です