【バングとネープのクセが強い】美容師の言葉が意味不明すぎるので解説する

スポンサードリンク




【アッシュって結局何色?】美容師が語る!美容師の謎

 

こんにちは!

いきなりですが、

美容室でこんなことを言われて

ハテナが浮かんだ方はいませんか???

 

「今日はバングの長さはどうしましょう?」

ピンクアッシュマットがおすすめですよ〜!」

「仕上げに髪を巻いていきますね。

フォワードリバース、どちらにします?」

 

バング…?なにそれ?!

ピンクアッシュマット…?どんな色なの?!

フォワード…?サッカーのポジションの話?!

 

……なんてやさしくない横文字

ばっかりなんでしょう!!!!笑

 

ハテナが浮かんでいるのに

美容師さんに聞くのは恥ずかしい…

 

  • (お洒落な人はみんな知ってる?汗)
  • (ピンクアッシュって何色?
  • なんて聞いたらダサいよね?泣)

 

もちろん聞いてみれば

親切に教えてくれる

美容師さんばかりですが

「やっぱり聞けない…!

恥ずかしいって!!!!」

 

というアナタに、

美容師の私が

謎のワードたちについて

解説していきます!

 

そして、現役美容師の方も

ぜひこれを読んでほしいです。

 

そのワード、本当に伝わってますか?

 

「バングとサイド少しカットして〜♪

カラーはトレンドのモノトーンに

しちゃいましょうか〜♪」

 

多くの美容師さんが

ほぼルー大柴さんです。

 

横文字やめましょうよ…。

なんでわざわざお客様に

翻訳させてるんですか?

そもそも100歳のおばあちゃんに

意味伝わりますか?(´・_・`)

 

私も、

美容師アシスタントになりたての頃

沢山の美容用語が飛び交うなか、

ハテナを飛ばしながら

だんだんと覚えていきました。

 

「こんなハテナワードたちを

お客様にそのまま伝えても

絶対理解してもらえない…」

 

と、思い!

噛み砕いて噛み砕いて

お客様にお伝えすることで

すごく喜んでもらえました♪

 

美容師に告ぐ!

初心忘るべからず!

お洒落ぶって横文字ばかり使わない!

美容師以外のみなさま!

これを読んで、

さらにお洒落を楽しんじゃいましょう♪

 

当たり前のように言ってくるけど意味は謎…美容師がよく使うワード解説

 

その1.バング=前髪、ネープ=うなじのあたり

まず1つ目の謎が解けましたね!笑

バングの長さ=前髪の長さ

のことなのです。

最近ではシースルーバングや

うざバングなど、

流行の前髪について

ファッション雑誌などで紹介

されているため、

少しずつ浸透しつつありますが

前髪」でいいですよね。笑

 

また、

「バングとネープの髪の毛、

クセが強いですね〜」

といったように

ネープ」という言葉も

よく使われます。

 

ネープ=うなじです。

つまり、

「前髪とうなじあたりの

クセが強いですね」

と言っているのです。

バングとネープより

その言葉のクセが強い!!!

(千鳥のノブさん風)

 

その2.アッシュ≒グレー、マット=みどり色系

アッシュとはグレーそのものというより

「グレーがかった」とか

「少し色のあるグレー」と

とらえてもらうといいでしょう。

ピンクアッシュならピンクっぽいグレー

といった感じです。

 

ほとんどの日本人の髪の毛は真っ黒です。

しかし、その黒にも色が隠れています

明るくカラーリングをすると

隠れている色がでてきます。

 

それは…なんと赤色です!!

赤色っぽい髪色が好きな日本人は

結構少ないです…

なぜならもともと持っている色だから!

 

そして、

その赤色を消すために

登場するのがアッシュです!!

 

赤色を消すことによって

寒色系にかたよった

くすんだブラウンになり

全体の印象を落ち着かせたり、

透明感がアップします♪

 

そんな雰囲気を好む日本人が多いので

安定の人気カラーがアッシュなのです!

 

マットという色についても

ご説明します。

マットの口紅といえば、

ツヤ・光沢がないものを想像される方が

多いでしょう。

 

しかし、ヘアカラーでは

みどり色系のカラーのことを言います。

でもある意味ツヤがないと言えば

ツヤがないです。笑

逆にツヤがあるカラーとは

赤色や黒色になります。

光があたるとリップグロスのように

ツヤッとした感じになります。

 

じゃあみどり色とは…?

実は、マットはアッシュと似ています。

マットも赤色をおさえる役割をするのです。

でも、アッシュのように

赤色を消す!のではなく、

赤色をおさえる!ので

黒髪をマットで染めた場合

より一層カラーの幅が広い

くすみを感じるブラウンになります。

 

アッシュとマットについて説明を

してきましたが、

「ぶっちゃけまだ意味分かんない(´・_・`)」

って方…

それが普通です!!!!

 

私も書いててナンダコレ?!って

若干なってますもん!!笑

一旦落ち着いてくださいね。笑

 

これから安心してもらえるような

説明をします♪

 

基本的に

初めてカラーする場合は

黒髪にカラーをするわけです。

初めてではない方も、

ブリーチさえしていなければ

茶髪にカラーをするわけです。

 

黒髪、または茶髪に

  • アッシュを塗ろうが
  • マットを塗ろうが
  • ピンクを塗ろうが
  • 黄色を塗ろうが…

黒。ブラウン。茶色です。

画用紙をもともとの髪の毛、

水彩絵の具をカラーだと思ってください。

 

茶色の画用紙にピンクの絵の具でぬりぬり…

はい、茶色です。笑

 

本当のカラーでは、

絵の具要素プラス画用紙の明るさを

明るくしたり暗くする要素がありますが、

世間一般的にいう普通の明るさの茶髪であれば、

水彩絵の具と画用紙と同じと

考えてください。笑

 

とくにこだわりは無いけど人気のカラーにしたい

 

それなら今度美容室に行くときは

自信たっぷりに

「アッシュにしてください!」

って言っちゃいましょう♪♪♪

よっ!お洒落さん!

 

その3.フォワード=内巻き(後ろから前に)、リバース=外巻き(前から後ろに)

サッカーの話ではなかったですね。笑

フォワード(内巻き)とは…

 

説明するより想像して頂きます!

例えば

女子アナ、石原さとみ、ガッキー etc

なんとな〜く

 

かわいい♪ふんわり♪フェミニン♪

 

なイメージが浮かんだでしょう。

 

そう!まさにそんな感じです!

逆にリバース(外巻き)はどうでしょう。

 

例えば

安室ちゃん、黒木メイサ、道端姉妹 etc

なんとな〜く

かっこいい☆キレイ☆グラマラス☆

なイメージが浮かびましたか?

 

極端に言えば、ギャル系です。

もう少しイメージが欲しい!

という方…

 

叶姉妹を思い出してください…

妹の美香さんがフォワード

姉の恭子さんがリバース

といった感じです!笑

 

あなたはガッキー、安室ちゃん

どちらになりたいですか?

 

あなたは美香さん、恭子さん

どちらになりたいですか?笑

 

私は、なれるなら

高橋メアリージュンさん

になりたいです。笑

(どちらかというとリバースです!)

仕上げのイメージがつかないときは

なりたい芸能人の名前を

言ってみるといいですよ♪

 

まとめ

当たり前のように言ってくるけど意味は謎…美容師がよく使うワード解説をしました。

  • バング=前髪
  • ネープ=うなじ
  • アッシュ=赤を消す
  • マット=赤をおさえる
  • フォワード=内巻き
  • リバース=外巻き

 

今回だけでたくさんのワードが

出てきましたが、

美容師さんと話していると

またハテナが出てくるかもしれません。

 

分からないことがあったら

勇気を出して、聞いてみてください!!

 

ダサいなんて思いません。

だって、綺麗になるために

聞いてくれてるんですからむしろ

お洒落に気をつかってるんだなぁと感心します。

 

そして、現役美容師さん!

ここまで粉々に噛み砕く必要は

なかったとしても、

もう少し分かりやすいワード選びをするだけで、

 

お客様との距離がグッと近くなります。

ぜひやってみてください。

これをReadしたYouはもうお洒落Girlデス!!!

美容師さん、ルー大柴さんは卒業しましょうね。笑

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です