【自分に合う服の探し方】 ダサくないのにコーデが決まらないなら体型を見直そう!

スポンサードリンク




趣味が悪いわけじゃないのに、コーディネートが決まらない…

 

もってる服はおしゃれなのに、着るとなんだか…

こういうことってありませんか?

 

きっとそれは、”自分に合う服”

見つけられていないからではないでしょうか?

 

ここでは、どうすれば自分と相性のいい服を

探せるようになるのか紹介します!

 

自分に合う服ってこういうのだったんだ!

と気づくことができれば、

これからの服選びも、毎日のコーディネートも

きっと楽しくなりますよ♪

 

1 自分の骨格タイプを知る

 

人それぞれ生まれ持った骨格タイプというものがあります。

最近では、スマホなどで無料の骨格診断ができますよ。

 

タイプは、ストレートウェーブナチュラル

という3つに分けられます。

 

それぞれのタイプの特徴と、相性のいい服を簡単に説明します!

 

・【ストレート】…グラマラスなメリハリボディ、上半身にボリュームあり

パリッとしたシャツ、Vネック、タイトスカートなど

全身で I ラインを作ることが大事

 

 

・【ウェーブ】…首が長く華奢、胸板が薄い、下半身にボリュームあり

丸首のブラウス、フレアスカート、シフォンなどの柔らかい素材

全身でXラインを作ることが大事

 

 

・【ナチュラル】…身体が骨っぽく肉感を感じさせない、手足が大きい

ざっくりニット、ドルマリンスリーブ、ワイドデニムパンツなど

ボディラインにフィットしないデザインのものを選ぶことが大事

 

ナチュラルタイプの私ですが、自分の骨格タイプを知るまで、

割とジャストサイズの服を選んでいました…

 

しかし!自分のタイプを知り、骨っぽさが出ないような、

ざっくりした大きめサイズの服を選ぶようにすると

 

『なんだか、コーディネートがきまるようになってきたなぁ♪』

と実感しています!(^^)!

 

2 自分のパーソナルカラーを知る

 

服の色を選ぶとき、自分の好きな色を

選んでしまっていませんか?

 

でも、自分の好きな色と、似合う色って

ちょっと違いますよね?

自分に似合う色をパーソナルカラーといいます。

 

これもまた、パソコンやスマホなどで簡単に診断できちゃいますよ!

だいたい、大きく、春、夏、秋、冬の四つのタイプに分けられます。

 

パーソナルカラーは、顔色をキレイに見せてくれる色

なので、トップスに持ってくるといいですよ!

 

まとめ

  1. ・自分の骨格タイプを知り、体形に合った服を選ぶ
  2. ・好きな色ではなく、似合う色の服を選ぶ

 

自分に合う服を選ぶには、まず

自分のことをよく知るということが大事なんですね!!

 

皆さんも もう一度、自分をよく知ったうえで

服選びをしてみませんか?

 

自分にぴったりな服がきっと見つかりますよ ♪♪

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です