【同棲を長続きさせるコツ】彼氏と揉めてるあなたが今すぐ決める3つのルール

スポンサードリンク




やっと実家を出て大好きな彼との二人暮らし♪

  • どんなお部屋にしようか♪
  • どんな家具を揃えようか♪

新生活にドキドキとワクワクですよね♪

 

ついつい浮足立ってしまいがちですが、

他人同士が一緒に仲良く暮らすためにはそれなりのルールとマナーが必要です!

 

暮らしのルールが曖昧だと・・・

  • 「余裕がある方が家賃も光熱費も払うって約束だったのに今月払ってくれない!」
  • 「同棲して5年経つけどプロポーズも結婚の話もない。この先どーなるの?」
  • 「共働きなのに私ばかり家事をやってて負担が大きい!」

こんなことになりかねません。

後で揉めることのないように

目指すは「ストレスフリーな二人暮らし」!!

2人で決めたルールとマナーを守って長く、ずっと仲良く暮らしましょう♪

 

~二人暮らしを長続きさせる3つのルール&マナー~

1.支払い比率を決めて、おうち専用財布を作る!

「お金のこと」。これは2人暮らしをする上で一番重要です。

曖昧な決め方はトラブルの素!

きちんと事前に話し合いましょう!

まず、共働きなカップルなのかどちらか一方の収入のみなのか。

共働きである場合はお互いのお給料を把握した上で家賃・光熱費などの負担比率を決めるのが良いでしょう。

(6:4なのか7:3にするかなど。)

そして食材費・外食・生活用品など細かい共有出費は「おうち専用の財布」があると非常に便利です!

お互いに毎月決まった額を「おうち専用財布」に入れ、その中でやり繰り。

ちなみに我が家では同棲初期からこのルールで生活しております!

共有の物以外は全て個人の財布なので自分の欲しい物は買えますし、ストレス少なくて良いですよ♪

お金が余ればで二人で豪華なディナーをしたり♪

おうち財布ではなくても「共有口座」を作る方も多いようです♪

とにかく個人のプライベート用お金と二人の生活費を分かりやすく管理することが揉めない秘訣です!

そう、そして生活費を管理するうえで便利な家計簿ですが共働きで忙しいとなかなか書いてられないですよね~。

これまた便利なスマホアプリがございます!

今時ほんと便利で凄いのが、レシートをカメラで撮るだけで自動で入力と振り分けをしてくれるんです!!

私も利用してるんですが、どんなレシートでも割とちゃんと読み取ってくれます。

なのでその日の夕飯の買い物も入力があっという間!

1週間分のレシートをまとめて休日に入力するのも良いですね♪

私は現在「家計簿マネーフォワード」とゆうアプリを使っていますが見やすく使いやすくおススメです!

おうち専用財布に溜まったレシートで内訳と金額を管理しましょう!

 

2.二人のこれからは?将来の話と期間を決める!

付き合って同棲を始めるとよくあるのが「気付けば同棲して3年になるけど結婚のタイミングが分からない。」「籍を入れる前に家族のような間柄になってる。今更結婚?」

こんなパターンです。

気付けば長く同棲しているなんて相性が良い証拠ではあるんですが、結婚や将来のことを考えると…。

これもなるべく二人暮らしを始める時に決めておきたいですね!

結婚前提なのであればいつ頃入籍をするのか話したり、この場所にいつまで住もうかなど。

物件の更新時に改めて将来について話し合うのも良いでしょう。

とは言え女性からしつこく結婚の話もしずらいですし焦らせるのも嫌ですよね~。

ここはさり気なく「〇〇(彼の名前)はどんな家庭に憧れる~?」「マンションか一軒家ならどっちが良いのかな~。」など遠回しに彼の願望を聞いてみましょう!

インテリア雑誌を二人で見るだけでも好みや将来の夢など聞き出しやすいですよ♪

自分の意見を言うだけでなく彼の望む将来を聞くことが、話合うための第一歩です!

二人で沢山会話をして将来のプランを立てましょう♪

 

3.家事分担は具体的に!ご家庭ルールも再確認すべし!

家計の次に揉めやすくなるのがこの「家事分担」でしょう。

一昔前の日本であれば家事は女性の仕事!

男性は台所に立つべきじゃない!なんて言われていましたが、今は共働きが多い時代。

「家事とは二人で協力するもの!」です。

気付いた方がやる~。だけでは絶対に揉めます!笑

なぜだか不思議ですがたまたま続けて洗濯機を回しただけで、勝手に洗濯は私の仕事みたいになったりと決まっていくんですよね。笑

気付いた方がやる。だけではどちらかの負担が確実に大きくなります。

さて、そうならない為にも分担決めですね!

具体的な方が良いかと思います。

ジャンルで分ける場合には「洗濯・掃除機がけ・トイレ・お風呂掃除・食器洗い・ゴミ出し」などなど得意・不得意なども考慮して決めるのが良いですね。

もしくは曜日ごとの当番制にするか。

分担表を作ると分かりやすく忘れずにできますね!

そしてここで具体的に決めておくのは分担だけではありません!

 

同じ家事とはいえ、家庭によっては細かなルールがあります。

 

例えば洗濯・・・

・彼の実家では洗濯物は全て一緒に回していた。

・彼女の実家では白の服やタオルと色付きのものは分けて洗濯していた。

 

掃除機がけでは・・・

・彼の実家は週に2回程かける程度。

・彼女の実家は毎日かけている。

 

食器洗いでは・・・

・彼の実家では洗った後に布巾で食器を拭いて食器棚にしまう。

・彼女の実家では洗ったあとは乾くまで放置して待つ。

 

などなど。家庭によって違いがあるんですよね~。

もちろんお互い育ってきた環境の方を一般的と思うわけです。

これが案外揉める理由になりますので、改めて!二人の暮らしのルールを作りましょう!

まとめ:ドキドキとワクワクの二人暮らし、ルールとマナー決めが長続きのコツ!

二人暮らし揉めずに長続きさせる為の、絶対に決めておくべき3つのルール&マナー!

 

  1. 「共働きは支払い比率を決めておうち財布を作って!」
  2. 「二人の将来は期限を設けて沢山話合って!」
  3. 「家事分担とご家庭ルールは具体的に確認しておこう!」

 

二人暮らし、理想の部屋を作って協力しあって生活するって素敵ですよね♪

長く仲の良い生活をするためにもこの3つを忘れずに!

重要なことは2人で決めるとゆうこと。

ルールとマナーを守り二人で喜びを分かち合って二人でこれからの苦難を乗り越えて行きましょう!

心より応援しています!!

スポンサードリンク