【あなたはできる?】交際0日で男友達と同棲⇒結婚しちゃった苦労話

スポンサードリンク




ふつうの男友達といきなり同棲⇒結婚へ。あなたはできますか?

 

お互い恋人の愚痴なんかも言いあったり。大体月1ペースくらいで飲みに行くような関係でした。本当にそれだけです。

それがある日、「実家を出るから一緒に住まない?」と提案され、あれよあれよと家電を買い込み、布団を2組買い同棲することになってしまいました。

森三中の大島さんと作家の鈴木おさむさん夫婦のように交際0日婚が話題になった時期もありましたね。

実は私も10年くらい友達としてしか見ていなかった男性と交際0日同棲、それから半年で結婚まで持ち込んだというちょっと変わった経歴を持つ私から、ドラマのような展開のエピソードを語っていきます。

 

交際0日で結婚したけれどそれでもサシ飲みに行くような関係でした。

 

1. それはある日突然に。月1で会ってた関係が「一緒に住まない?」

私には仲のいい男友達がいました。大学からの付き合いでお互い恋人もいたけれどそれでもサシ飲みに行くような関係でした。お互い恋人の愚痴なんかも言いあったり。大体月1ペースくらいで飲みに行くような関係でした。本当にそれだけです。

それがある日、「一緒に住まない?」と提案されあれよあれよと家電を買い込み、布団を2組買い同棲することになってしまいました。

男友達との同棲~結婚までを買いていこうと思います。

 

2.「え、まさかドケチなの?」同棲前のカルチャーショック

お互い実家住まいだったので、ほとんど日用品すら持っていません。

とりあえずホームセンターに日用品を買いに行きました。洗剤、お風呂のフタ、食器などとりあえず必要な物をカゴに入れました。お箸も持ってなかったのでお互い好きな柄の箸を買ったんです。お会計をしてレシートを見た彼が一言。

「君の箸の方が50円高いんだね」

血の気が引き、彼とやっていく自信がなくなった瞬間でした。

 

家電も揉めました。私としては冷蔵庫にこだわりがあったけど彼は全然興味がない。一人暮らし用でもいいじゃない、と。

電子レンジも別に今すぐいらない。でもテレビは欲しい。などなど。

もう箸事件で不安になっていたので、結局冷蔵庫は私のボーナスで私の好きなものを買い、電子レンジはうちの両親からのプレゼントという形で買ってもらい、テレビは彼が値切って値切って買ってました。

同棲前から価値観の違いで不安でたまりませんでした。

 

3.指輪もモメた! 結納も結婚式も新婚旅行もナシ。でも結婚しちゃいました

彼は30歳までには結婚したいというビジョンがあったのと私の誕生日が3月だったので自然とその頃には籍入れようか?という話になりました。結納もなし、結納品なし、式もなし、新婚旅行もなし、の何にもナシ婚です。5月に両家顔合わせだけして6月に籍を入れました。

指輪はまた揉めました。彼は4℃がいいと言ってたので二人で店頭まで行ってカタログをもらってきたら、「結婚指輪ってこんなにするの?」と。

「プラチナ950とかどうせ傷つくんだから、もっと安物でいいんじゃい」「通販サイトにプラチナ900でペアで39800円があるからそれでいいんじゃない?」とも。私は金属アレルギーもあるしそれは嫌だと言うと指輪もなしになりました。仕方なく私は祖母からもらったファッションリングがプラチナ950だったのとサイズがちょうどよかったのでそれを普段はめています。もし結婚生活が10年続いたら指輪ちょっといいやつ買おうね、と言ってます。

 

まとめ:

  1. 「男友達との同棲は恋人になる前に同棲したので知らないことがたくさん。でもそれが面白い」
  2. 「家事経験がある男性でよかった。率先してやってくれる」
  3. 「ナシナシナシ婚でも毎日楽しい。嫌なことがあっても深呼吸して落ち着こう。」

 

こんな感じでも同棲、結婚生活が3年続いているのも我ながらびっくりです。秘訣は、喧嘩をしない、相手に期待しすぎない、と言うのもポイントだと思います。喧嘩しそうになったら一旦部屋から出て深呼吸すると少し落ち着きます。相手に期待しすぎてもよくないですね。相手から変わってくれることはほとんどなくて、自分が変わったら相手も変わってくれるかも、っていう程度がちょうどいいと思います。

 

スポンサードリンク