マカダミアナッツチョコならハワイアンホースト【配り用】

ハワイアンホーストのマカデミアナッツ

スポンサードリンク




バレンタインのプレゼント、友達や職場の義理チョコであれば、バラ売りのチョコを組み合わせて、ラッピングして配る方もいますよね。

 

自分でラッピングすることのいいところは、色んなメーカーのチョコ、色んな味のチョコを自分のセンスで組み合わせられることですね。

スーパーなどで売っているお菓子から、ちょっと高級なお菓子まで、色々入ってるのはもらう側からも楽しいです。

ぼくも時々女子からもらったりしますけど、お店の出来合いのラッピングなのか、その女の子が自分で詰め合わせたのか、わからないほど良くできているものもあります。

むかしあんまり結び目のひもがきれいだったので「これどこのお店の?」と聞いたら「自分で作ったんだ」と怒られたことがあります。(ぼくとしては誉めたつもりなのに……)

 

しかし、初めてオリジナルラッピングに挑戦する方も、毎年ラッピングを作っている方も、共通の悩みがあるかと思います。

 

中身は何を入れようか?

 

中身の問題は毎回つきまといます。個別のバラのお菓子を探すのも大変ですよね。スーパーやコンビニで売ってる商品ばっかり集めてもイマイチですしね。

 

ちなみに、ばら売りのかわいい単品チョコが売ってるよということで、以前「カファレル」のチョコを紹介しました。

2017バレンタインの友チョコにカファレルの缶はどうだろう?

 

きっと女子の皆さんの中には、可愛くてちょっと珍しいお菓子を求めてカルディコーヒーファームとか、輸入菓子の専門店に通われたりする方もいらっしゃるかと思います。

 

輸入菓子のチョコでぼくが使えると思うのは、マカダミアナッツチョコですね。言わずと知れたハワイ土産。

ハワイアンホーストというメーカーが、ハワイ土産の超定番です。

 

きっとオリジナルラッピングの組み合わせの1種類として使えるんじゃないかなーと思って紹介しました。

楽天で安く買えますので見てみてください。

 

 

 

 

スポンサードリンク