【図々しいママ友を避ける方法】ストレスなしで狭く深く楽しく付き合う3つの処世術

スポンサードリンク




「ママ友」って実際のところどうですか?

公園でのんびり何組かの親子で遊んでる姿。

とっても微笑ましく見えますよね。

私も昔は子供とか産んだらなんとなぁくママ友とかと遊ぶのかなぁなんて思ってました。

でも実際自分が親になる年齢が近づくにつれて先にママになった友達たちからも聞いたり

ドロドロドラマを見たり

(見なければいんですけど。つい見てしまうんですよね…笑)

元々友人関係は狭く深くのタイプなので

考えただけで面倒臭い!!

絶対無理!!

ってなっちゃいました…笑。

それでも我が子が大きくなってくるにつれてママ友って子供の為に必要なんじゃないかって思う時もあったり。

私なりに無理しない関係づくりをしよう。していこうと思うようになりました。

 

ママ友との人間関係をストレスなくやっていく3つのコツ

その1、話のテーマは子供メイン! ママ自身の会話は無意味!

お互いの話を掘り出していっても正直いいことなんてないと思うんです。

友達だったら別だと思うんですけど

正直こちらもそんなに興味ないし…笑

子供の年齢が近ければ大変なことや困っていることなどの話をした方が

「わかる!わかる!」と盛りあがれるし

解決方法もわかるかもしれません!

その方が話しててもこちら側にとっても向こう側にとっても苦にならず

お互いにメリットがある!

 

その2、人の集まる場所を避けずにむしろ行く!

ママ友って面倒臭いなと思うとなかなか支援センターや公園に行くのって嫌だなって思っちゃいますよね。

そこで人気の少ない公園を探したりしてませんか??

でもそれって逆なんです!

人気の少ない公園で本当に誰もいないと楽なんですけどそこに1組のグループがやってくると気まずい。

ママ友って欲しくないけどグループを目の前に子供と2人ぽっちだと寂しくなっちゃいませんか?

そこで逆に人気の支援センターや公園に行って見てください!!

たくさんの人が来るところだともちろんグループもたくさんいますが同じように子供と2人で来てる人たちも多くいるんです!

なので周りの目を全く気にせず遊べます!!

 

その3、話しかけられたら笑顔で

他のママさん達に話しかけられたら笑顔で返しましょう。

ママ友を作るつもりがなくてもわざわざ冷たくする必要はありません!!

それにママ友って考えると重くなるようなことも

もし本当に気が合って仲良くなれてただの「友達」になれたら気が楽ですよね?!

もしかしたら相手も子育ての中、不安なこともあったり無理にママ友を作らなきゃって追い込まれてる人もいるかもしれません。

もしかしたら1人で子供を連れてたあなたに声をかけてあげようと思って声をかけてくれたのかもしれません。

どちらにしろ声をかけるって勇気のいることです。

あなたに勇気を出して声をかけてくれた人たちには笑顔で返しましょう。

 

まとめ

  • その1、子供メインの会話
  • その2、人の集まる場所を避けずにむしろ行く!
  • その3、話しかけられたら笑顔で

 

無理にママ友を作ろうとしない!

無理に他の人へ壁を作らない!

なんでも無理をしないことが1番です!

 

お子さんだって公園や支援センターに行った時にママが緊張していたりしたらその緊張が伝わってしまって子供にとっても緊張する場所になってしまいます。

自然体でいることが1番。

そして子供が楽しく遊べるようにママが楽しそうにしていてあげてください!!

子供が楽しめることが1番です!!!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です