【幼稚園を選ぶ時のポイント】見学必須!失敗しないために「絶対見るべき」4つの箇所とは?

スポンサードリンク




幼稚園選びのポイントは 費用? 環境? 教育方針?

子どもが産まれて2歳位になると、

保育園にまだ行っていない子どもがいる家庭では

 

『そろそろ幼稚園を考えないといけない』と思いますよね。

 

でも、いざ未就園児の教室に行こうとしても、

たくさんある幼稚園の中からどの幼稚園の未就園児の教室に行ったら良いのか?

 

分からないですよね。

今回はそんな幼稚園選びについて話をしていきたいと思います。

 

大事なのは、見学に行くこと!

観るべきポイントを紹介します。

幼稚園ってどんなところ?

まず、幼稚園とはどういったところかご存じですか?

幼稚園とは3歳から小学校就学前の子どもさんが毎日通うところです。

 

登園時間もだいたいどこの幼稚園でも朝8時半くらいから9時位までの間で、

その時間にはすでに幼稚園に到着しておかなければならない

なので、朝もかなり早めに起きて準備をしなければなりません。

 

そして降園時間の14時頃に再びお迎えに行きます。

子どもはというと、幼稚園は文部科学省の管轄。

なので各園の教育目標をもとにした教育が中心となります。

 

今は幼稚園のカリキュラムの中に

英語やサッカー、

茶道や書道

なども取り入れている幼稚園が多々あります。

 

1 まずは先生たちが楽しそうかを見てみること!

幼稚園を選ぶポイントでかなり大事になってくるのが、先生たちをまず見てみることです。

 

先生たちは幼稚園の鏡といっても過言ではありません。

 

先生たちの目や行動ひとつひとつがイキイキとしていたら

その幼稚園は毎日子どもが楽しく通える可能性が高いです。

 

しかし反対に、先生たちが

疲れきっていたり、

覇気がない感じ

これだとあまりおすすめできる幼稚園ではありません。

 

幼稚園は隠れたブラック企業とも言われています。

毎日、子どもたちの保育が終わった14時以降は

今日の保育の片付けや毎日の記録、

明日の保育の準備や日案、

はたまた週案や月案など準備や書き物

 

毎日夜遅くまで時間を要します。サービス残業だらけ。

 

しかも、運動会や発表会など行事の前なんか

家に帰ってまで仕事をしなければ間に合わないのです。

 

しかし、こんなたくさんの仕事も園の仕事に関する方針がしっかりしていれば、

先生たちが疲弊することはまずないのです。

 

先生たちが疲弊していたら、満足な保育はできません。

 

なので、幼稚園選びのポイントのひとつは先生達の姿を見ることが大切です。

 

2 おもちゃや遊具はキレイ? 環境整備を見るべし!

 

幼稚園にはたくさんの遊具やおもちゃがありますよね。

でもその遊具、きちんと元にあった場所に片付けられていますか?

 

きちんと元にあった場所に片付けられている場合は、

しっかり『片付け』を意識してメリハリのある保育ができている

ということが分かります。

 

逆に、片付いていない場合は、

保育自体そのものにメリハリがついていない

といってもいいと思います。

 

この保育のメリハリは、毎日子どもを保育する上でとても大切。

 

大袈裟に言うと、このメリハリがないせいで、

怪我をしたり、緊急時に逃げ遅れたりしかねません。

 

なので、幼稚園選びでは、しっかりと環境もチェックをしましょう。

 

3 掃除はできているか? 特にトイレ!

 

ここ重要。

子どもがたくさんいる幼稚園では

 

『掃除とかしてもすぐに散らかるでしょ?』

 

と思っている方が多いかも。

 

が、そんなことはありません。

 

教室できちんと掃除をすれば、

子どもは見ていますので、子どももしっかりと掃除をします。

 

なぜ掃除が大切なのかというと、

子どもがたくさんいる幼稚園では、かなり頻ぱんに感染症が流行ります。

インフルエンザや溶連菌、おたふく風邪などがいい例です。

 

このような感染症を少しでも防ぐには、

常に教室を隅々まで毎日掃除を行ったり、

おもちゃをこまめに消毒する

 

などの衛生面的なことも大切になってきます。

特にトイレの衛生は超重要。

園児はふつうにおもらしします。

 

ニオイはないか?

アルコール消毒液

塩素系・酸素系漂白剤

 

は用意しているか?

いずれも感染症対策です。

 

幼稚園に通い始めるとある程度は色々と菌を持ちかえると思います。

でも防げるものは防ぎたいですよね。

なので、幼稚園の掃除の状況をチェックするのも大切になってきます。

 

4 行事も見学すべし! 先生たちは子どもにどう指導してる?

幼稚園では、行事がたくさんありますよね。

そんな中でも、特に大きな行事は運動会とお遊戯会。

 

先生たちも、この二つの行事の前にはピリピリしています。

ただこのピリピリ

『本番への成功』に向けてなのか?

『本番への過程』に向けてなのか?

 

2種類があると思います。

まず、本番への成功とは、とにかく本番に失敗しないように、ひたすら練習をします。

これ、ダメ。

 

そして、本番への過程とは、

本番での成功や失敗などは考えず、

本番を迎えるにあたり、みんなで一致団結してひとつひとつ一緒取り組んでいこう

といった本番までの過程を大切にしたものです。

 

子どもの成長にとって成功・失敗も大切ですが、

それまでの友だちとの関わりや取り組み方などの過程が子どもを大きく育てます。

 

成功にこだわるような指導は、なんか違うかなと思います。

なので、もし可能であれば一度希望する幼稚園の大きな行事を見ることも良いと思います。

 

まとめ 幼稚園の選び方コツ

  1. ・幼稚園は教育が中心である
  2. ・先生たちの姿から幼稚園の質が分かる
  3. ・環境は保育の質につながる
  4. ・掃除などの衛生面もチェックすること

 

幼稚園は、わが子が初めて行く集団の場です。

一生に一度のそんな大切な場、親としてはしっかりと選んであげたいですよね。

 

最終的には、子どもと相性の良い幼稚園を選ぶと思います。

それまでの幼稚園の候補選びの際に是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です