野菜嫌いな子どもの料理アイデアは?美味しくペロリと食べちゃうコツ!




子どもって本当に野菜を食べないですよね。

どんなに料理の中に野菜を隠しても、小さく切って混ぜこんだとしても、不思議と何故か気づかれてしまいます。

子どもって本当に上手に野菜だけを除けて食べますよね。

野菜を食べるように言っても、子どもは簡単には食べてはくれません。

 

どうしたら良いの?

 

私もどうしたら子どもが野菜を食べてくれるだろうかと本当に悩ましいですよね。

そして、私もかなり色々と試してみました。

今回は、そんな子どもに野菜を食べさせる方法を紹介したいと思います。

 

ミルで野菜をつぶしてホットケーキに混ぜる!

まず、子どもがかなりの確立で苦手なほうれん草をミルでつぶしてみました。

そうすると、緑色のペースト状になります。

しかし、このままの状態では、味も見た目も子どもは嫌がってしまうので、ホットケーキに混ぜこみます。

まず見た目は、ホットケーキの焼き色がちょっぴり緑色かなという位で、普通のホットケーキと見た目はほぼ変わりません。

味はというと、ホットケーキそのものの味が強いため、ほうれん草の味はあまりしません。

そのため、子どもは野菜が入っていることに気付かずモリモリ食べていました。

私は、ニンジンやカボチャ、ブロッコリーや市販に売られているミックスベジタブルでも試してみましたが、全て子どもは嫌がらずに食べてくれました。

なので、まずはミルでつぶしてペースト状にしてみるのもおすすめです。

スティックにしてみる!

子どもによっては、料理に入って味がついている野菜が嫌いというだけで、野菜そのものの味を実は知らないという子どももいらっしゃるのではないでしょうか。

なので、そういう場合は、一度野菜をスティックにしてそのままの味を味わってもらうのも良いかもしれません。

すると、子ども自身「野菜って美味しい」と気付くかもしれません。

そうなれば、もう野菜嫌いは克服できたも同然です。

なので、一度おやつの時間などに野菜スティックを出してみるのもおすすめです。

まとめ 野菜は工夫次第!

子どもが少しでも野菜を食べれる方法を二点、ご紹介しました。

  • ・ペーストにしてホットケーキなど、子どもが好きなものに混ぜてみる
  • ・野菜スティックにして、おやつで出してみる

子どもが野菜を食べてくれないのは、本当に頭が痛いですよね。

今回紹介してきたことが、そんな悩みを少しでも解決できるきっかけになってくれれば良いなと思います。

子育てを一緒に頑張りましょうね。

スポンサードリンク