【子ども用ラッピングを可愛く】不器用さん必見!簡単なのにクオリティ高すぎな3つの裏ワザ




あなたは「プレゼント用のラッピングを可愛く作れない」と悩んでいませんか?

 

子供がいると何かとプレセントの機会が多いですよね。

ラッピングどうしよう・・・なんて悩みがちです。

お店で売っているような可愛いラッピングセットを使うのもいいけど

家にあるようなもので簡単にサッとできたらいいですよね♪

ちょっとしたものを渡すときに便利な

おうちにあるもので簡単ラッピング方法をご紹介します♪

【不器用さん必見!】本当に簡単で可愛いラッピング方法♪~ペーパー編~

その1 子供の折り紙でラッピングペーパーが作れる!

どの家庭にも必ずと言っていいほど余ってる折り紙。

でも余りがちなのは残念な暗い色ばかり…。

そんな暗い色も、組み合わせたら意外と可愛くなりますよ!

ここであきらめないでください!!

まずはプレゼントの大きさに合わせて土台になる紙を準備しましょう!

これは広告だったり、贈答品でもらった包装紙、

スーパーやお店でもらった紙袋などで大丈夫です(^▽^)

贈答品の包装紙はもともと柄がついているのでそれだけでも十分ですね♪

次に折り紙を適度な太さに斜めカットしておきましょう♪

あとは土台になる紙に斜めカットした折り紙を貼り付けるだけです!

糊よりも両面テープがあればキレイに仕上がりますよ♪

それなら土台になる紙の色がメインになってくるので、

暗い色しか残っていなくてもシンプルで可愛い仕上がりになります♪

 

その2 包み方は「くしゅくしゅするだけ」でOK!

ラッピングペーパーができても、包み方がわからない・・・

四角いものは何となく作れるけど、形がうまくできない・・・

そんなにしっかりと包まなくても大丈夫!!

だって、お子様用です!

ちょっとしたプレゼントです!

仰々しくする必要はないんです!

それらしく見えるだけでプレゼントになります(笑)

まずは、先ほど作ったラッピングペーパーの真ん中に贈り物を置きます。

そしたら贈り物を包み込むように下から上へ絞ります。

感覚としては、粘土の中にものをつめて丸く包む感覚です(笑)

お子様にやってもらうと意外と上手かもしれませんね(笑)

ラッピングペーパーの端が上を向いたら、集めた部分を輪ゴムで結びます。

カラー輪ゴムとかじゃなくて大丈夫です!

普通の輪ゴムで口が開かない程度の硬さまで留めます。

これでほぼ完成です!!

 

その3 仕上げ:リボン代わりにキッチンペーパー♪

リボンはなかなか準備しづらいですよね。

常時おいてあるわけではないですし、捨てちゃいがちです。

でも、簡易的なものならキッチンペーパーでもできます!!

キッチンペーパーは水気を吸い取るのにも使いますよね。

油をしっかり吸っても破れにくかったりします。

それだけ丈夫な素材になっているので、立派なリボンにはならなくても

飾りつけには代用できてしまうのです♪

先ほどのくしゅくしゅした程度であれば、一枚で十分です☆

キッチンペーパーを水気の多い絵具(なければサインペンなどで大丈夫です)の

お好きな色に浸します。

サインペンだと塗るだけですぐに使えますがちょっと手間がかかりますね(^^;

ある程度乾いたら、そのキッチンペーパーを”こより”にします。

大雑把にねじると太めになるのでインパクトが出ますよ♪

こよりが完成したら、それを先ほどの輪ゴムの部分に巻き付けるだけです!

こよりが短いようであれば、もう一本こよりを作成し、

そのこよりを巻き付ける前に蝶結びを作り、糊やボンド、シールなどで

輪ゴムに巻き付けたこよりに貼り付けるだけでOKです♪

 

最後に 子供と楽しく作れる手作り♪

  • その1 子供の折り紙でラッピングペーパーが!
  • その2 くしゅくしゅするだけでOK!
  • その3 リボン代わりにキッチンペーパー♪

 

今はお店に行けば何でもそろいますよね。

ラッピング用の袋も売っているので、パパッと準備できちゃいます。

でも、お子様は意外と突発的に「〇〇ちゃんにあげるの~!」なんて

言い出したりして、予測不可能ですよね( ノД`)

そんな突発的なお子様の申し出に、買い出しになかなか行けないママさん。

すべて手作りのラッピングにチャレンジしてみてくださいね♪

スポンサードリンク