ついつい後ろ髪引かれちゃう!自宅で簡単「ツルサラ髪の育て方」3選

スポンサードリンク




歳を重ねるごとにパサパサになる髪

中学生の時は綺麗な髪だって褒められたのになー

やっぱり染めたり、パーマを当てたり

しすぎたかなー?

いや、あなた洗い方雑じゃないですか?

そんなあなたにツルサラ髪の育て方伝授します。

 

ツルツルサラサラヘアーの作り方3選!

 

やはり髪は染めたり、パーマなどで傷んでしまいます。

ストレスや紫外線にもやられてしまいます。

若い頃は修復もグングンしてくれるけど

歳を重ねるごとに修復能力も弱ってきます。

しかし、少しだけ手間をかけ優しく洗ってあげれば

またツルサラの髪は戻ります

 

1 髪を洗う前

 

あなたは髪を洗う前、ちゃんとブラッシングしてますか?

 

髪が絡んでいると髪と髪が傷つけあいます。

そのまま濡らしてしまうとさらに絡まって余計に傷んでしまいます。

ブラッシングは簡単な事だけど結構忘れがち。

必ずブラッシングしてくださいね。

 

そしてお湯をかけます。

実は髪の汚れはお湯で流すことによって

ほとんど流れてしまうようですよ。

 

でもそれを大々的に言うとシャンプー会社の人に

お尻小突かれそうなんでやめときます(笑)

 

髪を濡らしたら、シャワーキャップを被って1度湯船につかって温まります。

 

こうすることによって頭が温まり、

毛穴が開き、頭皮の汚れや、

いらない脂がでてくるそうですよ。

 

美髪の友達が教えてくれたので本当です!

 

2 髪を洗う

やっとこれからシャンプーをつけて洗います。

私がオススメするのは!

 

泡立てネットの

体洗うバージョン(でかい目)が

今100均で売られています。

 

それにシャンプーをワンプッシュ!!!

すごい泡が出来ます。

洗うと言うよりは髪に泡を馴染ませる

感じです。

 

でも頭皮はシャワーキャップを被って温めたので汚れや、脂がウヨウヨ

 

今まさに表面に出てきてるので、

少し指の腹でもみ洗いしましょう。

 

頭皮が洗えたらお湯で流します。

流すのは結構張り切り気味に、だけど優しくやりましょう。

結構流すのはササッと終わってしまいますからね。

頭皮の汚れをしっかり流してしまいましょう。

 

よくよくシャンプーを流したら、お次はリンス。

リンスは全体に付けるのではなく

髪の先だけで大丈夫です。

そしてリンスもよく洗い流しましょう。

 

3 タオルで拭く、乾かす

 

タオルで拭くのはゴシゴシ、

ワサワサって拭くのは間違いです。

 

優しくぽんぽんぽんと叩いて

水分をタオルで吸い取ります。

 

ある程度水分がなくなったら

ドライヤーで乾かします。

今電気屋さんに行くと実に素晴らしい

お高いドライヤーがずらりと売ってます

 

特にマイナスイオンが出るドライヤー。

これをつかえば、もはや乾かすうちから髪の毛が美しくなるのがわかっちゃう!

 

まとめ

基本的に全て優しく

  1. 洗う前にブラッシング
  2. 洗う時は泡で頭皮をもみ洗い
  3. タオルで拭くのはポンポンと

 

基本的に20代30代の皆さんは忙しく

ゆっくり髪を洗う余裕がないのかも知れません。

 

でもね、ここはひと手間かけて

髪に優しく自分に優しく

してあげるのもいいと思うんです。

 

心も頭も余裕を持って

髪にストレスを与えないようにすることが

ツルサラ髪の育て方です。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です