【爪を噛むクセのある子ども】3つの原因を突き止めれば一瞬で治ります

スポンサードリンク




子供の爪を噛む癖が治らない…

悩んでる方もいると思います。

どういう心理状態でなぜ噛むのか気になりますよね。

手についたバイ菌が口に入ったりして危ないし、

精神的に何かあるなら治してやりたいですよね。

「爪を噛む」ということをまずは知りましょう。

 

子どもが爪を噛む原因はこれだった?!

 

1 親からの愛情不足、寂しさ

「私、僕をもっと構って!」

爪を噛む音はもしかしたら

子どもからのサインなのかもしれません。

自分では充分と思っていても、

子どももそう感じているかは分からないのです。

仕事で忙しかったり、他の兄弟のことで手がかけてやれなかっり、

日々積もった寂しさを爪を噛むということによって埋めているのかもしれません。

もし自分のお子さんが爪を噛んでいたら、

少しの空いた時間でも手を握って話をたくさん聞いてあげましょう。

抱きしめて好きなことを伝えましょう。

爪を噛むことを怒らず、

なぜいけないのか優しく教えてあげましょう。

ちなみに我が家の娘は小学校1年生で辞めました。

欲しい誕生日プレゼントを買ってもらう条件が爪噛むのを辞める、

だったからです。そのために頑張りました。

辞めれた時は誇らしげにしていましたよ!

2 緊張、恐怖心

怖かったり緊張したりすると爪を噛んでしまう子もいるみたいです。

例えば環境が変わったり、慣れない場所だったり、

知らない人に緊張してしまった時に爪を噛みます。

また怖い絵本やテレビを見てしまい、

怖さを紛らわすために手を口にいれたりするそうです。

うちの子は幼稚園の頃、

運動会の本番前に噛んでいました。

無意識に、人目も気にせず噛むので、

もう完璧な癖になっていることに改めて気づきました。

怖がったり、緊張しそうな時は、

大丈夫だよっと安心させてあげたいですね。

3 ストレス、不安

精神的に不安定な時に口に手を持っていきやすいみたいです。

親のしつけが厳しすぎると、

子どもはストレスをかかえてしまいます。

親は子のためを思い、厳しくしますが、

それがその子に合っていなかったら傷をおいます。

フォローできればいいのですが、ひとりで抱えた場合、

こういった行動に移ってしまうかもしれません。

うちの子は私が仕事中心だったので、

休みなどで一緒にいる時はきちんとしつけなきゃと厳しくしたことがよくなかったかなと思っています。

仕事を変えて、一緒にいる時間が増え、あれやこれや試して、

一緒に時間を過ごしたことも治せた方法の一部だと思います。

そして1番は本人が頑張ったからです╰(´︶`)╯♡

まとめ:原因はこれ! けど爪を噛むのは治る!

  • ポイント1.親からの愛情不足、寂しさ
  • ポイント2.緊張、恐怖心
  • ポイント3.ストレス、不安

こどもとのコミュニケーションを大事にしたら治る日も近いはずです。

時間をかけて親子シップしましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です