【タオルが臭い・・・】しつこい洗濯物の雑菌臭を撃退する3つの方法




雨が続くこの季節、洗濯物は部屋干しのご家庭多いんじゃないでしょうか。

  • 「こんなに気をつけているのに洗濯物がくさい・・・」
  • 「乾いている時はくさくないのに、濡れると匂いが出てくる!」

経験した方も多いはず!なるべくなら手間をかけずににおいを消し去りたいですよね。

このイヤな匂い戻りを根絶する方法をご紹介します。

原因

①洗濯物に付着しているタンパク汚れや雑菌

洗濯物に残ったタンパク汚れを餌に雑菌が付き、さらに濡れた状態だとその雑菌が繁殖して匂いを出します。

いわゆる「雑菌臭」です。濡れた状態が長ければ長いほど雑菌が繁殖する時間が増え臭くなります。

 

②洗濯槽の裏に付着している雑菌

洗濯槽が汚れていると洗濯するときの水に毎回雑菌が混じります。

雑菌が入った水で洗濯すると、どんなに念入りに匂い対策をしても雑菌臭がでてきます。

なんと、大さじ2杯に200万匹の細菌がいるとも!!!

「最悪だ・・・」と思った方は、まめに洗濯槽を掃除することをおすすめします。

最近は酸素系漂白剤でつけ置き洗いするのが人気です。

この2つの原因がわかったところで3つの効果がある対策をまとめました。

匂い戻りサヨナラ✩実践して効果があった3つの対策

①洗濯機に入れる前に酸素系漂白剤で漬け置きする

お湯(40℃~50℃)のなかに洗濯物を入れて酸素系漂白剤に漬けます。

夜寝る前に洗面台などで漬けておき、翌朝洗濯機で回すと臭いはかなりなくなっています。

 

②臭う洗濯物を沸騰したお湯で煮る。

そのままなのですが、煮洗いをすると、煮沸消毒され匂いはかなり軽減します。

ただし、熱に弱い繊維の洗濯物は色落ちしたり、生地が痛むのでよく取り扱い表示を確認してください。

タオルのような綿でできているものは効果抜群ですよ!

 

③部屋干しをやめてお風呂場に干す

湿気多いのでは?!と思われるかも知れませんが、浴室は浴室全体の湿気を換気できるほどしっかり除湿できて、他にもメリットがたくさんあです。

大体が洗面台の隣に洗濯機があると思います。

洗濯物を干す時の動線も短くて済むし、洗濯物もタオルなどその場でたたんで収納することができます。

雑菌を繁殖させないためには濡れてる時間を少なくすること!確実に室内で干すより早く乾きます。

 

まとめ

  • ①洗濯機に入れる前に酸素系漂白剤で漬け置きする
  • ②臭う洗濯物を沸騰したお湯で煮る
  • ③部屋干しをやめてお風呂場に干す

いかがでしたでしょうか。

少し手間な方法になりますが、アイロンの熱でも殺菌できるので臭い対策にもなるようです。

ぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク