なぜスーパーでの節約術は「出かける前」が最も重要なのか?3つのポイント

スポンサードリンク




あなたはお買い物の時、不要なもの買ったりしてませんか?

 

私はよくあるのです…安いからと言って家にあるものを

買って帰る…買いすぎて腐らせてしまったり…

小さいものだからとついつい買ってしまい、

お会計の時に「あれ?意外と高い…」なんてありませんか?

そうならないように、3つのポイントを知って

明日の買い物で実践してみましょう!

 

すぐ出来ちゃう!お買い物での節約術

 

ポイント1:必要なものだけメモすべし!

まずは、何を買うのかメモしてみましょう。スマホのメモでもいいし

紙でもいいので、必要なものだけを記しておきましょう。

ここでのポイントは、メモする物も厳選しよう!です。

例えば、お醤油が空っぽなのでメモします。

そのついでに、半分残ってるけどお味噌も買おう!と

メモしてしまうと、買い物の時買わなくていけない思いになり

定価でも買ってしまいがち…

もしかしたら、次の買い物の時特売かもしれませんよ?

買うタイミングはあと2回使ったらなくなるかも…?

くらいでちょうどよいです。

 

ポイント2:財布は軽めでお腹は満たして行くべし!

必要なメモが完成したらある程度の金額を計算してみましょう。

どんぶり勘定でOK!多く持たないことが大切です。

お金に余裕があると、金額をきにせずかごに入れてしまいがち。

ぎりぎりのお金でいくと、計算しながら買うので

不要なものが買えません。節約につながります。

そして、お腹を空かして行かないで!

 

お腹が減ってると余計な食材やおやつを買ってしまいます!

絶対と言っていいほど何か買ってしまう…

私はこれに負けっぱなしです。

お昼ごはん後に行くか、何か一口食べてから行くと良いかも。

 

ポイント3:かごは手に持って買うべし!

スーパーに入ったらカートでお買い物しがちですよね。

ゆっくり見れるし子供も乗せられるし。

そして、帰るとき…重さに気付く…

カートに乗せていると重さがわからず、ポイポイと

物を入れてしまいます。

かごを手に持ってお買い物すれば、ダラダラと買い物も

出来ないですし、量を買えないので自然と無駄遣いが減ります。

 

まとめ

  1. 買うものをメモしていく
  2. お金少なくお腹満たして
  3. カートを使わない

どうでしょうか?これならすぐに実践できますね!

意外と必要な物って少ないですし、足りないかな?

と思う物も足りたりするものです。

これから消費税も増えるので、少しでも無駄もストレスもなく

お財布の紐をしめていきましょう!

すぐに試せるし、お金の節約にもなる一石二鳥ですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサードリンク