【不眠はお肌の大敵】リズム呼吸を制してよい睡眠をとる3つのポイント

スポンサードリンク




みなさん、夜は眠れていますか?

布団に入ればすぐに眠れる人、布団に入ると目が冴えてしまう人、不眠で悩みまくっている人…、いろんな方がおられると思います。

眠れないと思い始めると、どんどん焦ってしまって、結局負のサイクル。焦って余計に眠れない。

 

「明日仕事なのに」「大切な用事があるのに」など、

考えれば考えるほど眠れない。

 

不眠というものは、翌日疲れてしまうことはもちろんですが、

女性にとっては「お肌が再生しない」という恐ろしい現象との闘いですよね。

朝になってお肌がぼろぼろ…、そんな恐ろしいことを起こさないように、今回誰でも簡単に質の良い睡眠をとるためのポイントをご紹介します。

 

安眠を勝ち取るための3つのポイント

 

1.太陽に当たろう

「日向ぼっこ」って聞いたことありますよね。

あれ、すごく気持ちいい!

太陽は「肌が焼ける」「皮膚がんになる」と避けられがちですが、実はとっても大切な存在です。

 太陽に当たるとビタミンDが作られます。

このビタミンDはカルシウムの吸収を手伝ってくれるので、骨粗しょう症予防にも良いとされていますが、「不眠」にもいいのです!びっくりでしょ?

これが欠乏すると、不眠の原因にもなりえるのです。

だいたい30分~1時間ほど「日向ぼっこ」をすれば、夜は快適に眠れるはず!

そもそも紫外線に当たると、体が少し疲れることもあるので、余計に眠れるんですよね。

例えば、海水浴に行った日は疲れてよく眠れますよね?

あんな感じですね。

「日向ぼっこ」って大切なんですね。

 

2.呼吸はゆっくりと4,7,8のリズムで

当たり前のことですが、呼吸はゆっくりと整えたほうが寝つきはよいですよね。

この「ゆっくり」というのは、よく「4,7,8」の呼吸といわれます。

「4秒吸って、7秒止めて、8秒で吐く」

これで、「4,7,8」です。

こんなことしてると余計に眠れない!!と思うかもしれませんが、

最初だけでいいのです。

布団に入って、この呼吸法を試してみる。

すると、少しずつ体はリラックスしていきます。

そう、この「リラックス」が大切。

リラックスのお手伝いをしてくれるのが、この呼吸法なのです。

ほかには、アロマを焚いたり、ヒーリングミュージックを聴く…なんてのもありますが、手っ取り早いのはこの呼吸法なんです。

 

3.宝くじが当たった想像が布団の中を楽しくする

ちょっと笑ってしまう方法ですが、これも効果的です。

寝る時って、考え事をしたり、悩んだり、マイナスなことを頭に思い浮かべていませんか?

マイナスな考えは、実はとても体にストレスを与えています。

ストレスを感じていると、人は眠れません。

例えば、騒音や激しい光、振動などです。

耳栓やアイマスクなどで、なるべくストレスをかけないことも大切ですが、思考回路も非常に大切です。

つまり、「ストレスフリー」です。

そのためには、「宝くじが当たったら何しよう」と考えるのです。

あくまでも「楽しい想像」です。

「楽しい想像」=「ストレスフリー」。

これが大切なんです!

宝くじが当たることについて、真剣に「うんうん」唸りながら考えると、逆にストレスになってしまうので、そういう方はぜひ別の楽しいことを…。

 

まとめ【良質な睡眠で夜を勝ち取ろう!】

夜を勝ち取れそうな気がしてきましたか?

ポイントは3つ。

  1. 太陽に当たろう
  2. 呼吸はゆっくりと4,7,8のリズムで
  3. 宝くじが当たった想像が布団の中を楽しくする

 

これらを実行することで、あなたの不眠は解消します!

まず太陽と仲良くなり、そして呼吸法を試す。

あとは、宝くじが当たった想像をするだけです。

文章にしてみると、なかなかふざけていますが、実は効果大なので、ぜひ不眠でお悩みのみなさん、試してみてください。

朝起きた時には、お肌がプルプル、そして気分さわやか間違いなし!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です