賢い子を育てるならこれをさせろ!私が独断と偏見で選ぶ習い事ベスト3




いきなり発表!

 

ベスト3は?  英会話!

 

これからの時代は英語が絶対に必要だ!

とにかく英語は普通に喋れるのが普通になる。

 

ってみんな知ってると思うのだが、

習ったからって出来るものでもない。

 

ただ英会話に行っていると、外国人に話しかけられても

後ろに下がる

と言うかっこ悪いことはしなくてよくなる。

 

そういう意味で英会話教室はとにかくネイティブティーチャー

(日本人ではない外国の方とする)がいてくれる教室がいい!

 

小さい頃から外国人とお話していると中、高生なって話かけられても

負け応じしない。

 

娘の話だがUSJに行ったときの話である。

 

アトラクションに乗るとき、

人数が余ったから

後ろの外国人と一緒に楽しんだというのだ!

 

友達になり写真も撮って帰ってきたと。

 

英語が喋れない者には罰ゲームでしかないが、

英会話に3歳から行った娘には朝飯前である。

 

また英会話教室の話に戻るが、イベントごとに外国のお菓子、

おもちゃなどをもらって帰ることがある。

少々体に悪いようなどぎつい色のグミなどを持って帰るが、

異国のお菓子に心は弾む。

 

またハロウィンパーティ、クリスマスパーティなど、

日本では味わえない本場のパーティー体験させてもらえる。

今ではハロウィンに仮装して出かけるのは普通になってきたが

これにも胸はって参加出来るであろう。

 

英会話は、どちらかと言うと、賢い人間と言うよりも、

場負けしない大人になれる

気がする。。。

つづいて

 

ベスト2 そろばん!

そろばんは計算力が付くのはもちろん!

小さい頃に指先を細かく動かすことで脳が発達する。

そろばんを始めるのにいい時期は小学校低学年と言う事だが、

それだと少し遅い気もする。

 

とにかく小さい頃に脳をこれでもかと言うほど発達させれば後はこっちのもんだ。

言うなれば脳の発達さえあれば、賢い子に限らず、

発想力豊かな芸術家にもなれるのではないか?

 

ということは、プラス折り紙なんかも一緒にやれば、

もう天才になる。

自分のボケ防止にもなる。

 

とにかく脳さえ発達させとけば無限なのだ。

 

教室でみんなでそろばんをパチパチパチパチ。

パチパチの大合奏だが、そのパチパチの中で計算をしないといけない。

自分との戦いのようなものだ。

 

集中力が身につく。

 

やっぱりそろばんは子供の能力を上げてしまう。

 

ナンバーワンは? 公文式しかない!

私の中でNo.1に輝いたのは

公文!!

KUMONだ!

世界の公文なのでKUMONとも書いてみた。

 

とにかく私の周りで賢い子に手当り次第聞いてみた!

 

「小さい時何習ってた?」

答えは「公文」だ!

 

みんな口を合わせて「公文」という。

 

私は40うん歳だが、私が子供の頃にも公文はあった。

毎日友達が「公文の宿題!」と言っては

小さな計算のプリントを鬼のように持ってきて、

「やって!やって!」とやらされた。

 

それは良くないのだが、そんな昔から続いている公文!

今、公文に行っている人に話を聞いてみると、

その子に合った教え方をしてくれると絶賛だ!

 

うちの子少し勉強に問題ありかな?断られるかな?

 

と思って連れて行った人もいるが、

その子のレベルに合わせた教え方をしてくれ、

「大丈夫ですよ!」と母親はだいぶ励まされたと言う事だ。

 

確かに。。。

世界のKUMONになる訳だ!

(KUMONと言うローマ字書きにやたらとこだわっている)

 

 

まとめ

 

という訳で

私が勝手に選ぶ子供が賢くなる習い事ベスト3は

1位、KUMON

2位、そろばん

3位、英会話

 

このような結果になった。

 

自分の体験や周りの意見を聞いてこのようなランキングになったのだが

結局は子供に合うか、合わないか、と言うのが1番問題である。

 

色んな習い事があるので、とりあえずやってみるのが1番だが、

どれが1番子供に合うのかを見極めるのは母親である。

 

結局1番賢くならなければならないのは母親であり、

母親の腕にかかっている。

スポンサードリンク