【離乳食作るの面倒】3食まとめてラクラク用意♪初めてでも簡単時短術!

スポンサードリンク




赤ちゃんが離乳食を始める5ヶ月頃。

 

育児にも少しずつ慣れ、家事もスムーズに出来るようになってきた頃に、離乳食が始まります。

 

これが結構面倒くさい!(笑)

裏ごししたり、柔らかくなるまで茹でたり、離乳食は時間も手間も掛かります。

もちろん自分たちのご飯も作らないといけませんし、母乳育児の方はしっかり栄養も考えないといけません。

そろそろ動き出す赤ちゃんの世話をしながら、離乳食やご飯の準備をしていると、気付くと一日中キッチンにいた…なんて日もあって疲れてしまいます。

そこで、離乳食が始まる前に、時短で栄養満点な献立作りのコツをつかんでおきましょう!

 

目指せ時短!授乳期の献立!

 

朝昼晩でなるべくたくさんの食品を食べよう!

 

一日の食事の中で、同じ食品が被らないように意識すること。これだけでもバランスは良くなっていきます。

まんべんなく、バランス良く食べるように心がけましょう。

 

〇主食

ご飯、パン、麺類など、主に炭水化物の食品で、大切なエネルギー源になります。

 

〇主菜

肉や魚のおかず。動物性たんぱく質が豊富で、鉄分やビタミンなども摂取できます。

夕飯の主菜は、肉と魚を日替わりで取り入れるとバランスが良くなります。

 

〇副菜

大豆製品、野菜、海藻、きのこなどを使ったおかず。

栄養素を万遍なく取り入れることが出来ます。

 

〇果物

ビタミンやカリウムを含み、生で食べることも多いので、栄養素を摂取しやすいです。

朝食やおやつ代わりに取り入れましょう。

 

〇牛乳・乳製品

不足しがちなカルシウムを多く含みます。

乳製品のカルシウムは体内への吸収率が高いので、朝食に牛乳やヨーグルトを取り入れましょう。

 

朝食

エネルギー源の糖質を、ご飯やパンの主食でとり、
卵や納豆などでたんぱく質、
サラダや温野菜、果物でビタミンやミネラルをとりましょう。

前日の残り物などを活かして、朝の忙しい時間を乗り切りましょう。

例えば、ポテトサラダの残りを卵を加えて混ぜ、焼くだけでスパニッシュオムレツ風になります。

お弁当にも入れられますし、簡単でボリュームがあるのでオススメです。

 

昼食

エネルギーの高い揚げ物や肉料理は、本来お昼がベターです。

ただ、どうしても丼物や麺類など、単品メニューが簡単ですよね。

単品メニューの時は、少しでも具材がたくさん入っているものを選びましょう。

 

パスタと野菜を同時に湯がいて、
野菜たっぷりのパスタにしたり、
午前中の間に煮物などをたっぷり作って
昼御飯にも夕ご飯にも食べられるよう作り置きましょう。

果物などを食後に取り入れるのも良いですね。

赤ちゃんにもよりますが、夕方になるにつれて、たそがれ泣きなど機嫌が悪くなってしまうことが多いですよね。

私のママ友さんも、朝昼の間に夕ご飯まで作ってしまう人が多いですよ!

 

夕ご飯

食後に消費するエネルギーが少ないので、摂取エネルギーを抑えるのが理想です。

主食を控えめに、野菜や肉・魚を使ったおかずで満足感を得られるような献立にしましょう。

 

夕ご飯の時短ワザは、とにかく冷凍です!

焼くだけ、煮るだけなら多少赤ちゃんが愚図ってもなんとかなります。

 

肉、魚は下味をつけて冷凍しておけば味もしっかり入ります。

まとめ買いをした肉、魚をその日のうちに、下味をつけて、フリーザーバックに入れて冷凍しておきましょう。

 

また、日本人には欠かせないお味噌汁の具材

冷凍しておけば当日すぐに作ることが出来ます。

 

油揚げ、ネギ、ちくわ、玉ねぎ、きのこなどは、
そのまま冷凍することが出来るので
お味噌汁に入れるサイズに切って、冷凍しておきましょう。

もっと簡単なものでは、味噌玉を冷凍しておけば、お湯を注ぐだけでお味噌汁が作れてしまいます。

だし入り味噌(無ければお味噌に顆粒だしを混ぜたもの)小さじ2にかつお節、カットわかめ、あれば刻んだ万能ねぎを加えて、一緒にラップで包んで保存しておきます。

これに熱湯を注げばお味噌汁になるんです!

冷凍しておいた野菜を入れる場合は、
先に冷凍野菜を電子レンジで加熱してからお湯を注ぎましょう。

まとめ 赤ちゃんがご機嫌の時にまとめて作りましょう!

 

新生児の頃には、寝てばっかりだった赤ちゃんも、どんどんと動き回るようになり、目が離せなくなります。

少しのお昼寝時間やなどを活かして、ご飯を作っておきましょう。

冷凍保存、作り置きを駆使して、時短で栄養満点な献立を目指しましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です