【子どもに砂糖って必要ですか?】離乳食を始める前に知りたい糖類の知識

スポンサードリンク




毎日の食事に、必ずといって含まれるお砂糖。

砂糖と言えば、白い上白糖やグラニュー糖が思い浮かばれますが、その他にも色々な種類があることをご存知ですか?

色んな種類や、用途を知って、少しでも健康に近付けるように、お砂糖にもこだわってみてはいかがですか?

 

〇砂糖って何から出来ているの?

砂糖の原材料には、主に3種類あります。

  • サトウキビ
  • ビート(てんさい、砂糖大根)
  • トウモロコシ

この原材料を、濃縮し、不純物やミネラルを取り除き、加熱精製したものが砂糖となります。

 

・グラニュー糖

原材料を上記のように加熱精製すると、ブドウ糖と果糖が結合し、結晶化したショ糖が抽出されます。

この、ショ糖の純度が高いものをグラニュー糖と言います。

世界で一般的に砂糖と言うと、このグラニュー糖を指します。

クセのない甘さで、サラサラしているグラニュー糖は、飲み物のお供によく見かけますよね。

よく溶けて、上白糖よりも焦げにくいグラニュー糖は、焼き菓子やケーキ作りにも向いています。

 

・上白糖

日本で市販されている大半の砂糖は、サトウキビや、てんさいから作られている上白糖になります。

上白糖の製造過程は、グラニュー糖の段階まではほぼ同じです。

最終工程で、転化糖がまぶされるので、グラニュー糖よりもしっとりとしていて、味もグラニュー糖に比べれば少しコクがあります。

それでも、三温糖などよりはコクが少なく、どのような料理にも使いやすいため、上白糖の流通が多いのです。

 

・三温糖

三温糖は、グラニュー糖や上白糖から精製した後に残った、糖蜜をさらに加熱してカラメルのようにしたものです。

三温糖の色はカラメルの薄茶色なのです。

三温糖には強い甘みやコクがあり、また、色もあることから、煮物などに使うと良いでしょう。

 

〇どの砂糖が体にいいの?

上記の3種類の砂糖が、スーパーなどでもよく目に付く砂糖かと思いますが、どの砂糖が一番体に良いのでしょうか?

結論から言うと、どの砂糖も栄養価などはほぼ変わりません。

三温糖の価格が高い理由は、上白糖に比べ、流通量が少ないからということらしいです。

三温糖は、上白糖に比べ、ミネラルの割合が少し高いですが、ごく微量であり、ミネラルを摂取したいのなら、他の食物から摂取することを考えた方が良いでしょう。

 

〇体に良い砂糖って何?

最近、白砂糖が体に悪いとよく言われていますよね。

サトウキビなど、温暖な気候で育った植物は、体を冷やす効果があるため、サトウキビから作られた砂糖にも体を冷やす効果があります。

また、精製された砂糖(上白糖、グラニュー糖、三温糖など)は、消化吸収が早い分、エネルギーの消耗が早く、血糖値の上下が早くなります。

そのため、すぐにまた甘い物が欲しくなり、食べ過ぎなども引き起こしてしまいます。

 

さて、ではどんな砂糖が体にいいのでしょう?

 

・てんさい糖

てんさい糖は、北海道などの寒冷な地域で作られています。

そのため、体を温める効果があります。

また、オリゴ糖が含まれるため、お腹にも優しい砂糖と言えます。

体の冷えが気になる方や便秘の方、妊活中、妊娠中の方にオススメです。

 

・黒砂糖、キビ糖

黒砂糖、キビ糖はサトウキビから作られています。

黒砂糖はサトウキビの絞り汁から、ゴミなどを取り除き、精製せずに煮詰めたもので、キビ糖は絞り汁を精製して、不純物をある程度取り除いたものです。

そのため黒砂糖の方がミネラルなどは豊富です。

キビ糖も上白糖などまでは精製されていないので、黒砂糖よりさっぱりとした甘さではありますが、上白糖などよりはミネラルも含まれています。

この3種類は、上白糖やグラニュー糖に比べ、もちろん価格は高いのですが、体には優しい砂糖と言えるでしょう。

ただ、甘さにクセがあるので、何にでも美味しく使えるかと言うと、少し難しいでしょう。

 

まとめ:【少しでも体に良いものを!】砂糖にもこだわりを持とう!

 

健康に気を遣った生活を送りたいものですが、健康だけを気にするのは難しいですよね。

値段や、使い道など、色々な事を考慮すると、私もどうしても上白糖に手が伸びます。

 

ただ、てんさい糖が安かったりしたら、そっちを買おうかなと意識はしています。

また、米飴やはちみつ、メープルシロップなど、他にも体に優しい甘味料もあります。

 

砂糖のメリット、デメリットを意識して、生活に合わせた甘味料を選んでみませんか?

スポンサードリンク