【冷蔵庫が片付かない】賞味期限切れを作らない3大原則!




冷蔵庫の中の賞味期限切れを作らない3大原則

気が付いたら冷蔵庫の中が賞味期限切れの食品でいっぱい…

「ごめんなさい」と心で呟きながらこそっとゴミ箱へ…という経験ありませんか?

罪悪感の上に家計にとってもよくないこの「賞味期限切れ」食品。無くすための3大原則をお教えします。

1. 同じ種類の食品は古い順に奥から縦に並べる

納豆、ヨーグルト、豆腐など、2連や3連以上のパックで売られている商品って意外に多いですよね。冷蔵庫に在庫が残っているけど買い足しをすることもよくあります。

みなさん、新しく買い足した物を冷蔵庫の手前にそのまま配置していませんか?

その結果、急いで料理をしている時や自分以外の家族が手に取る際に、手前の物から使ってしまい、奥にあった買い足し前の古い物が残ってしまいます。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、買い物から帰って冷蔵庫に入れる際に個包装の状態にし、

賞味期限の新しい物を奥から順に配置すると、自然と古い物を先に消費することができます。

一列に配置しているおかげでストックの量も一目瞭然ですよ!

 

2.開封する調味料の数を決める

冷蔵庫の中の賞味期限切れ食品、意外に食品そのものよりドレッシング、ソース、ジャムなどの調味料類が多くありませんか?

ついつい色々な種類の味を同時期に試したくなって、開封したはいいが、結局食べ慣れた味の物ばかり使ってしまい、ずっと冷蔵庫の中に…よくあります。

ぐっと堪えて、1つを消費し切ってから次を開封しましょう。

家族が多いお宅は好みがそれぞれで難しいかもしれませんが、せめて2種類や3種類に決めて開封しましょう。

新しい味を試したければ、開封済みの調味料を料理に使って早く消費するのもいいですね。

調味料をしまうことの多いドアポケットコーナーが随分スッキリしますよ!

 

3.定期的に冷蔵庫整理料理を作って冷蔵庫を空にする

賞味期限は明記されていなくても、

冷蔵庫の中で残り野菜を萎びさせてしまったり、
ハムやベーコンの残りを乾燥させてしまうことありませんか?

こういった食品もかわいそうですがゴミ箱行きとなってしまいます。

そこで1週間に1度、できれば曜日を決めて、冷蔵庫の中を一掃するという意識を持つとこのもったいない現象がぐっと減ります。

要は残り物を集めた「冷蔵庫整理料理」を作る日を決めるということです。

料理の内容はスープやチャーハンなど何でもok!意外に立派な一品になりますよ!

一掃できたら、ぜひ買い物へ行く前に冷蔵庫の中の拭き掃除もやってみてください。

億劫だった掃除がラクチンで一石二鳥です。

 

まとめ

  • 同じ種類の食品は古い順に奥から縦に並べる
  • 開封する調味料の数を決める
  • 定期的に冷蔵庫整理料理を作って冷蔵庫を空にする

ちょっと面倒くさいな~と言わず、この3大原則を守ってみてください!冷蔵庫の中が片付くと、「買うべき物」と「買わなくていい物」が自然と見えてきて、買い過ぎも防いでくれます。目指せ賞味期限切れ食品ゼロ生活!!

スポンサードリンク