レシート捨てる人はお金をゴミ箱に捨てるのと同じ!1週間でお金が増える3つのルール




やばいお金がない。給料日まで残り3日。財布の中には何度みてもお札がない・・・。

銀行残高は残り150円、これ・・・どうやって過ごすの!?

お昼休憩になり、ランチを買いに行こうとして、コンビニに寄る途中、

ふと気になって財布の中身を確認したら小銭以外のお金が無いことに気付いて慌てふためく

こんな経験した事はありませんか。

最悪、一食分は抜いても死にはしないけど・・

とりあえず水分補給だけでも、と思い自販機にお金を入れようとした瞬間

一一一「あっ!!!」

10円玉が手元から転げ落ちていく。

待って!!今の私には10円でも貴重なお金なのに!!!!

自販機の下に潜り込んでしまった10円玉を取ろうと、四つん這いになり、

隙間に必死で右手を伸ばす。

おっ、この感触はっ・・・。

「あった~~( ;∀;)」

ようやく掴んだ10円玉を手に、小躍りしたい気持ちに♪

あ~でも、このままじゃまずい、何か打開策を。。どうやって変わればいいの!?

 

☆そんな必死な今の私の悩み☆

普段は都内で働く27歳アラサーOL、月の手取りは22~23万 。

家賃5万7千円の阿佐ヶ谷に一人暮らし。

日々生活は、女子らしくお弁当を作って持って行ったり、(→たまに気が向いたら)

帰りは一駅分は歩いて、(→ただし途中でカフェによったり、ショッピング、コンビニで

スイーツ買っちゃう。)

・・・節約してるんだけどなぁ。(→全然、節約になってないじゃん(>_<))

 

と、日々の暮らしでとくに豪遊してる訳でもないのに、いつの間にか常にお金の不安でいっぱいな あなたは、「隠れ貧困女子」かもしれません。

そこから少しでも早く抜け出して、もうお金がないなんて嘆いたりしない

簡単に続けられる、3つのルールを紹介します。

 

一週間でお金が増える3つのルール

 

STEP1 まずは、1週間。レシートを溜めて、お金の状況を把握する。

買い物する度に、よく内容も確認せず、レシートを捨ててませんか。

自分がいくら使ったかレシートを見返しもせずに、捨てるなんてお金をゴミに捨てているのと同じ事なんです。

レシートは支出だけでなく、行動のクセを知る事が出来る大事な記録なので、忘れずに貰うようにして下さい。

帰宅したらすぐに財布から取り出し、無くさないように一か所決めた場所に保管しましょう。

自販機や電子マネーなど、もしレシートが出ない場合は、メモなどを書いて財布に入れておき、こちらも同じ場所に保管するようにしましょう。

管理するのが苦手でも、レシートを忘れずに貰って帰るだけ、決まった場所に入れるだけ、なら無理なく出来そうですよね。

STEP2 一週間溜めたレシートとメモ帳をジャンル毎に分け、集計しましょう。

【例】

コンビニ      円  スーパー      円  ランチ      円

カフェ      円   自販機      円  駅ビル      円

            一週間の支出 合計      円

“コンビニ” “スーパー” “ランチ”などジャンル別に支出を分けて集計して、

最後に一週間の総支出合計をノートに書き出します。日曜日の夜にやるのが大事です。

でも正直、お金を管理した習慣がないと、面倒に感じてしまいますよね。

そんなときは、無料で使える家計簿アプリが便利です。

レシート家計簿の草分け的な存在 Zaim https://zaim.net/

レシートを撮影するだけで、項目ごとに詳細支出内容を確認出来るので、ぜひこちらも活用して下さい。

STEP3 一週間の支出メモを見て、「削りたい費用」を二つだけ決めましょう。

支出メモを見返すと、無駄に使っている箇所がみえてくるはずです。

気付いたこと

〇ランチはコンビニではなく、週二回はお弁当持参すれば1000円は節約できる。

〇本屋に立ち寄ると、ついファッション雑誌を何冊か購入してしまっている。

〇服屋さんで「もう一着買えば、二着目はお得」の言葉につられて衝動買いした。

など、気付いた事をメモすると、脱無駄遣いの意識が高まるのでぜひ書き出す事をおススメします。その中で特に「削りたい費目」を2つ決め、節約を心がけましょう。

削りたい費目

〇ランチ代 〇書籍代

一度に沢山決めてしまうとストレスに感じてしまうことがあるので、少しずつ減らす

ようにするのがポイントです。

 

まとめ:無駄な支出を無くす3つのルールとは

1.「まずは一週間、レシートは捨てずに一か所にまとめてとっておこう。」レシートがない場合はメモに書いて同じ場所に保管するのも忘れずに。

2.「日曜日の夜に、溜めたレシートとメモの見返し、ジャンル毎に集計をする。」ノートに手書きで書くのが面倒な場合は、家計簿アプリをぜひ活用しよう。

3.「一週間の支出メモをみて、削りたい費目を2つ決めて書く。」気付いたことを書く事で、無駄な費用を節約する意識が高まります。

 

会社で嫌な事があったり、月末月初など、締め処理があるとイライラして帰りにスイーツを買ってしまう。ちょっとしたストレスで、もういいや!!などと散財しがちに。

ストレスは誰でも溜まるものです。でも、お金をかけずに発散する方法はたくさんあります。自分なりの発散方法を探してみるのもいいかもしれませんね。

今の、状況を脱出したい。そのために出来る事はと気づいたあなたはもう

脱・貧困女子!!」片足突っ込んでますよ。大丈夫です。

まずは1週間ぜひ、試してみて下さい。

スポンサードリンク