スーパーフード入りのローチョコレートをかばんの中に忍ばせよう

ローチョコレート ピッチダーク

スポンサードリンク




 

ローチョコレートという製法のチョコをご存知ですか?

 

ローとは英語でraw。「生の」「未加工の」という意味です。生といっても、生チョコじゃありません。

「収穫から製造まで常に48℃以下」「非加熱加工」と、徹底した温度管理のもとで作られたチョコレートを、ローチョコレートといいます。

 

低温で作ることによって、カカオが本来持っている風味や香り・栄養価を逃がさずにチョコレートに包むことができるのです。

 

それに加えて、ローチョコレートはオーガニックの原材料のみを使って作られることが多いです。

たとえば砂糖・乳化剤を使わないチョコレートが多い。

 

「じゃあ超苦くておいしくないじゃん」とも思うのですが、これまた栄養価の豊富なココナッツシュガーや、カカオバターを使ったりすることで、甘さを引き出しています。

 

ローチョコレートはおいしい・健康的・フェアトレード と3拍子そろったチョコレートで、いまイギリス(ロンドン)を中心として、ヨーロッパで話題となっている商品なのです。

 

その一つがこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【楽天市場】有機ローチョコレートバー ピッチダーク
価格:578円(税込、送料別) (2017/1/31時点)

 

ふつうにおやつとして食べてもいいですし、カロリーメイトのように、外出時の非常食として、さっと食べることもできます。

 

ビジネスバッグからフェアトレードの板チョコを取り出すなんて、デキる感が半端じゃないですね(笑)

もう喫茶店でマックブックを取り出す男にも負けません(笑)

 

仕事に打ち込む男性へのちょっとしたプレゼントにいかがでしょうか?

【楽天市場】有機ローチョコレートバー ピッチダーク

 

スポンサードリンク