【アラサー女子必見】ここぞの時に!相手が喜ぶリアルなプレゼント選び3つのコツ

スポンサードリンク




お礼や誕生日、プレゼントのお返し、など人生の中でプレゼントをする機会って必ずあります。

何をあげたらいいのか本当に迷いますよね。

予算や、あげる相手によってもプレゼントの内容が変わってきます。

各年代、性別、どんなシーンでも外さないプレゼントのコツをご紹介します。

 

プレゼントの大前提は・・・

①自分がもらって嬉しいもの

大前提ですが、例外を抜いて自分がいいと思わないものは大抵相手も困るはず。

自分が欲しいなーと思ったくらいのものは喜ばれると思います。

 

②高すぎず安すぎないもの

プレゼント返しや内祝いの場合は除きますが、相手に気を使わせないくらいの金額のものであったほうが良いです。

高額過ぎるとお返しに気を使ってしまうし、安すぎると相手をがっかりさせかねません。

相手の収入やシーンに応じて予算を決めるようにしましょう。

 

プレゼント選びのポイント

①プチ贅沢品を選ぶ

プレゼントを選ぶ際に基準にしているのは、「自分では普段買わないもの」です。

プチ贅沢品となれば頻繁に買わないだろうし、インパクトがあります。

とても喜んでもらえる上に贅沢な気分にしてくれます。

例えば、一粒1000円以上の高級チョコや、1個2000円の高級プリンなどインパクト大ですよね。

 

②よく使う消耗品・食品

よく知っている間柄の方になりますが、予算いっぱいによく使うものをあげるのもかなり喜ばれます。

例えば、出産祝いにはおしりふき、一人暮らしの人にはレトルト食品やお菓子の詰め合わせのような感じです。

出産祝いのおしりふきは実体験ですが、本当にありがたかったです。

おむつのようにサイズやメーカーもあまり関係なく使用頻度も高いのでおすすめです。

もし、赤ちゃんの肌に合わなかったり、厚さや大きさが自分の好みに合わなくても、あれば何かと使います。

 

③SNS映えするもの

SNSでプレゼントをアップされているのをよく見かけます。

最近メーカーも、フォトジェニックなデザイン性を重視したものを意識してつくってます。食品、雑貨、ラッピングまでお店のこだわりを感じる商品が多いです。

選ぶのも楽しいし、もらった方もあげた方も嬉しいです。

やっぱりデザインがおしゃれだと気分が上がりますよね。

 

まとめ

  • ①プチ贅沢品を選ぶ
  • ②よく使う消耗品・食品
  • ③SNS映えするも

プレゼントを選ぶとき迷うのは、相手を思って本気でプレゼントを選んでいる証拠です。

この気持ちが見えたとき、もらう側としては嬉しいですよね。

プレゼントそのものも嬉しいのですが、気持ちにかなうものはないと思ってます。

プレゼント選びが苦手と思う人は、いざという時のために「これ、プレゼントにしたら良さそう」というものを見つけたときにメモしておきましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です