【岡田あーみん伝説の3作品】腹の底から笑いたいあなたにおすすめする異次元ギャグマンガ!

スポンサードリンク




岡田あーみんを知ってますか?

あれ?私 最近心の底から笑ってない?

 

あなたは80年代~90年代に活躍した岡田あーみんという「伝説の漫画家」を知っていますか?

「お父さんは心配症」「こいつら100%伝説」「ルナティック雑技団」聞いたことのないあなたも、既にあー民のあなたも岡田あーみん先生の漫画について探っていきましょう。

  • 「衝撃のデビュー作「お父さんは心配症」」
  • 「脂が乗った「こいつら100%伝説」」
  • 「そんな画風にチェンジ?「ルナティック雑技団」」

 

【少女漫画界に咲くドグダミの花】岡田あーみんの作品、全3作品

 

その1.衝撃のデビュー作「お父さんは心配症」

言わずもがな、テレビドラマにもなった岡田あーみん先生の名を世間に知らしめた衝撃作です。

妻に先立たれた父、佐々木光太郎と高校生の娘、典子とそのボーイフレンド北野を中心としたストーリー。

この関係性では一見するとギャグ要素はないかもしれません。でも典子のことを心配するあまり、常軌を逸脱した光太郎と、光太郎から生まれたにも関わらず真面目に育った典子、だんだん光太郎色に染まっていく北野や彼女たちの属するサッカー部のお金持ちのリーダーなど個性の強いキャラクターが集まるケミストリーとでもいいましょうか、とにかくぶっ飛んだ漫画です。

80年代少女漫画としてはありえないような画風で、あなただけでもなく、彼にも読んで笑ってくれそうな内容です。

https://www.amazon.co.jp/お父さんは心配症-全6巻-完結セット-りぼんマスコットコミックス-あーみん/dp/B002DE6Y38/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1512542001&sr=8-1&keywords=お父さんは心配症

 

その2.脂ののった忍者漫画「こいつら100%伝説」

岡田あーみんの猛烈なファンのことを、「あー民」と呼ぶのですが、

「こいつら~」はあー民の中で一番人気が高いと実感している作品です。

正直、めちゃくちゃ面白いです。

なんてったって主人公の名前が危脳丸(あぶのうまる)ですからね。

面白すぎて電車の中で読むのは危険すぎるので気をつけてください。ぶっ飛びすぎた世界観、脳に残りやすいセリフやフレーズ、ギャグ漫画としては至高の作品です。

「お父さんは~」を読んだあなたなら絶対にハマる!と断言してもいいでしょう。

https://www.amazon.co.jp/こいつら100-伝説-全3巻-完結セット-りぼんマスコットコミックス-あーみん/dp/B002DE6Y3I/ref=sr_1_5?s=books&ie=UTF8&qid=1512542060&sr=1-5&keywords=こいつら100%伝説

 

その3.画風が変わった?「ルナティック雑技団」

今まで紹介した2作と全く違うのが、「ルナティック雑技団」です。

何が違うの?と思ったあなた。

違うというのは、画風なのですよ。

もともと、りぼんという少女漫画雑誌に掲載していたのですが、当時あまりにも画風が個性的すぎて受けつなかった読者もいたと思うんです。

でも、この作品は画風ガラッと変わって、いかにも少女漫画らしい描き方にな入りました。

そしてジャンルもラブコメちっくに仕上がっています。

ベースとして変態性はあるんですけどね。

ヒロインの星野夢実と、今でいう孤高のカリスマ、天湖森夜(てんこもりや)との恋愛パートはほんの、ほんのちょっとだけキュンとします(笑)

https://www.amazon.co.jp/ルナティック雑技団-新装版-全3巻セット/dp/B072JZ25LQ/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1512602646&sr=8-5&keywords=ルナティック雑技団

 

まとめ:

  1. 「デビュー作『お父さんは心配症』は衝撃的すぎる」
  2. 「『こいつら100%伝説』で思い切り笑おう」
  3. 「画風の変わった『ルナティック雑技団』はあー民初心者でも読みやすいかも」

 

岡田あーみんについて知らないあなたも、あー民のあなたも

最近笑えてないあなたもに、私は岡田あーみんをオススメします。

ぜひ心から笑ってくださいね!

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です