【プロのテクニック】インスタグラマーも使ってる!撮った写真をおしゃれに見せるコツ

スポンサードリンク




「自分が撮った写真ではイマイチ感動が伝わらない」と思ったことありませんか?

 

ここ最近、インスタグラムの流行りを受けて写真を撮ってSNSで楽しんでる方多いですよね!

キレイなものや可愛いものを見つけたら写真撮りたくなりますよねー。

いい写真が撮れるとテンション上がるし、ほんとにうれしいです♥

でも、なかなかいい写真撮るのって難しくて、シャッターチャンスにカメラをいじっていて残念な写真になったり、食べ物なら食べごろを過ぎてしまっては本末転倒な結果になってしまいます。

そこで、今回はこの3つを重視して、ほんの少しのテクニックで差がつくおしゃれに撮れる方法を教えちゃいます!

 

  1. ・道具や小物は使わない
  2. ・すぐにできる
  3. ・カメラだけでOK

 

今回紹介するものはカメラだけでできるので、

「アプリで加工する時間がない」、「色々修正するのはめんどくさい」と思っている方には参考になるかなと思います。

 

写真をおしゃれに見せるコツ

1.被写体が2つ以上のときは、見切れさせる

被写体が2つ以上のときは、見切れさせる方法です。
例えば、カフェでパンケーキを写すとき、コーヒーとセットで写すとします。

その場合、わざとコーヒーカップを見切れるように撮ってみましょう!

写真の中の情報量のバランスが取れて、奥行のあるキレイな写真になります。

無理やり入れてもいいですが、きっちり全部を入れようとするとじーっとカメラを構えて上からとらなくてはいけなくなります。

店内だとけっこう恥ずかしいですよね。(笑)

 

2.傾きを修正する

写真を写したとき、地面が斜めになっていることってよくありませんか?

水平かつ垂直を意識するだけで、プロの仕上がりに近づきます。

撮ったあとの写真なら、iPhoneの場合カメラロールで写真を開き、「調整」機能を使って水平に修正できます。

カメラで撮る時は、グリッド線を表示すると写しやすくなりますよ。

 

3.背景をぼかす

被写体にフォーカスして、周りの背景をぼかす方法です。

もし、背景をメインにしたい時は逆に被写体をぼかしてもOKです。

見せたいものが何なのか一目瞭然なので、スッキリした写真になります。

人や動物でも使えるオールマイティなテクニックですが、ごちゃごちゃしがちな食べ物を写すときは特におすすめですよ!

iPhoneならカメラを起動している時に、フォーカスしたいものをタップするだけでピントが変わります。

 

まとめ

  1. 「被写体が2つ以上のときは、見切れさせる」
  2. 「傾きを修正する」
  3. 「背景をぼかす」

最近は加工アプリやカメラアプリもたくさんあって、簡単にインスタ映えする写真がつくれます。

しかし、加工しすぎると、自然の良さがなくなったり、わざとらしさがでてきます。

何でもほどほどがいいんです。(笑)

アプリにしかできないすばらしい技術もあるので、ぜひ使い分けて自分らしいステキな写真を撮ってみてくださいね♪

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です