【目からウロコの入浴術】足先がしびれるほどひどい冷え性の私が実践した3つの方法




あなたは冷え性に悩んでいませんか?

 

  • 夏だと職場の冷房が効きすぎて、足先が冷たくなってしまう
  • 秋から冬にかけては、足先や手先が冷えてつらい

 

実は、私も冷え性で悩んでいました。

20歳をすぎてから体質が変化したのか、

足先は常に冷えているため長時間立つことが苦手でした。

私も前職は営業事務でしたので座り仕事だったのですが、今はお店の受付で働いていて立ちっぱなしなのです。

4、5時間立ちっぱなしでいると、だんだん足先の冷えのせいで、関節が固まるような感覚?というのか、しびれみたいな感覚になってしまうのです…

しかし!

以下のポイント3つを多少意識して温活することで、だいぶ楽になりました。

秋冬がつらいあなた、ぜひご覧ください♪

 

1.入浴剤を買っちゃえば、絶対長湯できる!

全身の血流を良くするために

一番簡単で、効果があります!

もし可能なら20分ほど浸かると、

疲れも取れますし、芯まで温まります。

(心臓が弱い方などは、無理をしない程度にしてくださいね。)

お気に入りの入浴剤を使ってみたり、

湯船に浸かっている状態で

軽くストレッチしてみたり、

お子さんやご主人と一緒に入るのも

いいかもしれませんね♪

 

2.長湯の間に老廃物を排出するリンパマッサージをする!

老廃物が滞ってしまうと、

冷えやむくみにつながります。

リンパマッサージをして

全身のリンパの流れを良くしましょう!

ポイントは、

イタ気持ちいいくらいの力加減で、

心臓へ向かうように

(下から上に)

丁寧にマッサージをすることです。

最初は難しいかもしれませんが、

慣れてくると、

リンパが滞っているところが

自分でわかるようになります!!

「あー、ここが詰まってるなぁ〜」

と発見するのは

けっこうおもしろいですよ♪

 

3. お風呂上りは体を冷やさない⇒自分の体温以上の温かい飲み物・食べ物を選ぶ

お風呂上りは、冬でも熱い!

暖房もきいてますし。

キンキンに冷えた麦茶や炭酸ドリンクが飲みたくなりますよね!

 

私の場合、冬の寒い日でも

アイスクリームが無性に食べたくなる時があります。

そんな、冷えた飲み物・食べ物を

なんとなく、気分で摂りがちな方は

気をつけなければなりません。

なぜなら内臓が冷やされてしまうので、

十分に血液が循環しなくなってしまいます。

すると、

基礎代謝量が落ちてしまうので、

風邪を引きやすくなったり

生理不順になってしまったりと、

さまざまな悪影響が出てきてしまいます。

なるべく意識して、

温かい飲み物・食べ物を摂るようにして下さい。

体を温めてくれる食べ物として、

代表的なものといえば、

しょうが、ねぎ、とうがらし、納豆などが挙げられます。

これらの食材を使って、

お味噌汁をアレンジしてみたり、

なにか一品付けたしてみたり、

ほんの少し、工夫してみて下さい。

 

まとめ:お風呂の工夫で冷え性を改善しよう

  1. 「少し高級な入浴剤を買う」
  2. 「長湯してる間にリンパマッサージをする」
  3. 「お風呂上りは自分の体温以上の飲み物・食べ物を摂る」

 

以上の3点を意識して取り入れてみて下さい。

そこまで難しい作業ではないので、

ぜひ、健康のために心がけましょう!

これであなたもぽかぽかです♪

スポンサードリンク