【無駄遣い急増中!】インターネット買い物依存症から抜け出す3つの方法




「インターネット買い物依存症」…

名前は聞いたことあるけど、まさか私が…
そう思った方も多いのではないでしょうか?

でも、気付いたらこんなに買ってしまっていた。
クレジットカードの明細書を見て驚いた。
そんなあなたは、もしかしたら「インターネット買い物依存症」かもしれませんよ!!

ではインターネット買い物依存症の克服方法をご紹介します!!

インターネット買い物依存症の克服方法

 

その1 買ったものをリストアップして、ノートに書き出してみる

手間かもしれませんが、インターネットでの買い物はワンクリックで買えてしまうので、買うのを迷ってもついつい買ってしまいがち。

なので、買ったものをノートなどにリストアップして書き出してみて、不要だったものはないかチェックしてみてください。

私が最初に取り掛かったのがこの作業なのですが…
そりゃもう、無駄買いのオンパレードでした(笑)

「これ必要だった?!」「これは家にあるもので代用できたな…」

そういったものが大量に出てきました。

通信販売サイトには、注文履歴を見られるサイトも多いので、

それらを参考に書き出してみるのがお勧めです!!

 

その2 クレジットカードは使わない。全て現金振り込み支払い

クレジットカードを、私は「魔法のカード」と呼んでいます(笑)
お金を持ち合わせていなくても、カード1枚で買い物ができてしまう。

通信販売サイトにカード情報を登録しておけば、ワンクリックで買えちゃいますよね…

なので、全て現金振り込み支払いにして、通信販売サイトに登録しているクレジットカード情報は全て削除してしまって下さい。

入金して確認が取れない以上、通信販売サイトも商品の発送手続きはしません。
わざわざ振り込みに出向いてまで欲しいものなのか、考える時間がを作ってみてください。
代引き購入もクレジットカードと同じくすぐに購入できてしまうので利用しないでくださいね。

私はこれが1番効果ありました!!
サイト様には大変申し訳ないのですが…

「あ、これいらないかも?」と思ったものも多々。
本当にその商品が必要か、今一度考えて見てください。

その3 30分待つ

購入ボタンを押す前に、「ちょっと待った!!」
とりあえず、家事でもお散歩でもテレビを見るでも、何でもいいので他のことをしてその商品のことを忘れてみてください。

その間に、いかにその商品が必要ないかがわかると思います。
そのままその商品のことは忘れちゃいましょう(笑)

私もこの方法で、「そういえばなにか通信販売サイトで見ていた気がするな…まあ、いっか!(笑)」となりました。

どれだけ欲しいと思ったものでも、一旦クールダウンする時間を設けましょう。

まとめ

その1 買ったものをリストアップして、ノートに書き出してみる
その2 クレジットカードは使わない。全て現金振り込み支払い
その3 30分待つ

ネットショッピングは便利で楽しいですが、使い方を間違えるととても危険です。

ネットショッピングで散財する生活から抜け出して、活きたお金の使い方をしましょうね♪

スポンサードリンク