【安定期の旅行を安心に♪】妊娠中でも目一杯楽しむ3つのポイント!

スポンサードリンク




安定期に入ったし、思い出作りで旅行に行きたいな~♪

 

なんて、旅行の計画をされる妊婦さんも多いと思います。

 

ですが、妊娠中の旅行。

今までの妊娠前の旅行とは少し違います。

 

身体にあまり負担をかけないように配慮しながら、

楽しむコツをご紹介します!

楽しい旅行になる4つのポイント!

その1 ゆったりしたスケジュール

旅行の計画を立てるときって

わくわくして

ついハードスケジュールになりがちです。

 

あっちも行きたい

せっかくだからこっちも行きたい

ここもついでに寄れるかな?

 

なんて、気が付いたら分単位で

予定が埋まっていることも!

 

ですが、

今回はお腹に赤ちゃんがいての旅行。

 

歩くペースも、一つ一つの動作も

無意識のうちにゆっくりになっています。

 

なので、時間は余るかな? というくらい

たっぷり余裕を持って計画しましょう。

 

観光へ出かけるなら

1日1つか、多くても2つくらい

にしておきましょう。

 

それくらいがちょうどいい!

その2 こまめな休憩

妊娠中は

・眠気を感じやすかったり

・身体もいつもより疲れやすくなっています。

 

新幹線や飛行機の移動は

周りに気を使う場面も多く疲れるもの。

 

車の移動であっても

ずっと同じ姿勢で座っているのは

妊婦さんじゃなくても身体が疲れるものです。

 

いつもよりこまめに休憩をして、

目的地までは、ゆっくり向かうようにしましょう。

 

新幹線や飛行機であれば

時間ギリギリではなく、余裕をもって行く。

 

車であれば、

サービスエリアや道の駅などに寄り道をする。

 

地元の名産品なども買い物出来たりと、楽しめますよ♪

 

その3 マタニティプランのある施設を選ぶ

妊娠中の旅行をさらに心強くしてくれるのが

マタニティプランのあるホテルなどを予約することです。

 

妊婦さん歓迎

マタニティプランなどをうたっているホテルなどは

妊婦さんに嬉しいサービスや施設

そろっていることが多いです。

 

例えば

  1. 貸し切り風呂が無料
  2. ノンアルコールの飲み物を提供
  3. エレベーター近くのお部屋
  4. マタニティエステが受けられる
  5. 近くに医療機関がある

など。

 

スタッフの方も妊婦さんの対応に慣れているので

細かいところまで配慮してくれたりと

安心できて居心地良く過ごせますよ♪

 

その4 いざとなったらキャンセルもあり

 

妊娠中に旅行に行くうえで一番大事なこと。

それは

いざとなったらキャンセルする、やめておく

という決断をすることです。

 

途中で引き返す。

早めに帰ってくることも時には必要なことです。

 

身体のことを一番に考えて行動しましょう!

 

具体的にどんな場合にキャンセルを考えるべきか?

キャンセル・早く帰るって、結構決断力必要ですよね。

どんな状況やタイミングで決断すべきかな~と考えちゃいます。

  • すごく渋滞するような混む時期
  • 天候が悪いとき(雨で冷え込みそうとか)

このような場合は、無理せずキャンセルする方が良いかもしれませんねf(^_^)

 

まとめ

 

妊娠中の旅行を楽しむコツ4つをご紹介しました。

 

1.スケジュールは余裕をもって

2.こまめな休憩

3.妊婦さんに安心なプランや施設を選ぶ

4.いざとなったらキャンセルもあり

 

無理のないスケジュールで安心していけるように計画してみてくださいね!

スポンサードリンク