マニキュアポリッシュを長持ちさせる秘訣は使用後にあり!3つのポイントを伝授!




セルフネイルをしているあなた。

「マニキュアポリッシュがすぐになくなってしまう」と悩んでいませんか?

 

100均でも種類豊富の綺麗で可愛いマニキュアが売っていますのでセルフネイルを楽しんでいる方たくさんいるかと思います^^

私もセルフネイルしてますよ~♪もちろん100均のを使って(´∀`*)ウフフ

爪をオシャレにしてるだけでもテンションって上がりますよね(^^)

そんなマニキュアポリッシュ(ポリッシュとは塗料の事です^^)ですが気づけばフタの周りが固まって開きづらくなったり、中身がドロドロになってたりっていう経験はございませんか(◎-◎;)!?

しかもマニキュア液が空気に触れた瞬間から劣化は始まるンですよ〜ッッッッ!!

劣化が進むと・・・

  • ポリッシュがドロドロになり塗りにくい。
  • 乾くのが遅い。
  • 発色が悪い。
  • ネイルに塗っても剥げやすい。

などのようなデメリットが発生しますΣ( ̄ロ ̄lll)!!

マニキュアを開封後は1年以内に使い切らないとダメなんです!!

せっかくお気に入りマニキュアを持っているのだからマニキュアを長持ちさせたくありませんか^^?

なので今回は【マニキュアをカチカチドロドロにしない3つの方法と保管方法】をご紹介いたします^^

これを読めば、フタを開ける時のあの開けづらさから開放されます^^

毎回のセルフネイルを楽しむ時にドロドロカチカチを気にせずスムーズに塗る事もできます^^

マニキュアを長持ちさせてセルフネイルを楽しみましょう^^

 

マニキュアをカチカチドロドロにしない3つの方法

 

その1 マニキュアボトルの首周りを綺麗にする!

蓋をしめる時にボトルの首周りにポリッシュがついていると首周りが固まります。

首周りが固まる事によって中にも空気が入りやすくなるので中のポリッシュもドロドロになっていきます。

なので・・・

 

ボトルの首周りにポリッシュがついてしまったら除光液などで拭きましょう^^

除光液で拭く時はコットンは避けて下さい!コットンの繊維がくっついて大変な事になりますッ(;゚∇゚)

拭く時は柔らかいティッシュ・キッチンペーパー・綿棒などがオススメです^^♪

 

その2 ハケと蓋の内側部分も綺麗にする!

マニキュアの蓋についているハケの部分にもポリッシュがついていると固まってドロドロになります。

またハケにドロドロがついたままだと「ハケが固まって塗れないっΣ(゚□゚)」って事になっては大変です!!

そして蓋の内側にもべったりポリッシュがついてると蓋がカチカチになって開きづらい原因にもなります。

なので・・・

ハケと蓋の内側部分も除光液できちんと拭き取って下さい^^

もちろんコットン以外のモノで拭いて下さいね〜。

マニキュアのボトルとハケや蓋の内側が綺麗にする時は中に除光液が入らないように注意して下さいね!!ポリッシュが分離してしまいますよ( º_º )!!

 

その3 気温が低い・暗い場所でマニキュアを保管する!

マニキュアが固まって蓋が開きづらかったり、中身がドロドロになる原因は保管場所にも問題があります!

 

  • 直射日光は避ける
  • 暖房付近にはおかない

コレに気をつけて・・・

  • 気温が低くて暗い場所
  • 冷蔵庫(プロのネイリストも使用しているのでオススメ♪)

にマニキュアを保管しましょう^^

またポリッシュの量が少なくなってくるとハケが空気に触れて固まってしまうのでボトルを傾けて保存するのもオススメです♪

 

まとめ マニキュアを長持ちさせる為には使うたびに綺麗にして保管しよう!

【マニキュアをカチカチドロドロにしない3つの方法と保管方法】をご紹介いたしました^^

  • その1 マニキュアボトルの首周りを綺麗にする!
  • その2 ハケと蓋の内側部分も綺麗にする!
  • その3 気温が低い・暗い場所でマニキュアを保管する!

 

簡単な方法ですよね^^

セルフネイルを楽しんで爪を綺麗にした後は使いかけの状態で放置するのではなく、しっかりボトルやハケや蓋の内側も綺麗にしましょう^^

モノを大事に綺麗に使うという事は良い運気も舞い込んできます♪

運気を上げる為にも綺麗に使って長持ちさせましょうね(^^)

スポンサードリンク