美白美容液に頼らないで黒ずみをブロックできる3つの対策!

スポンサードリンク




シミ、黒ずみは美白化粧品では白くならない!?

大事なのは〇〇〇する事

 

紫外線などの刺激を肌に受けると、皮膚を守る「メラニン」が作られ、肌が黒くなります。

これの原因

メラニン色素を持った細胞が皮膚表面にターンオーバーによって角質層に上昇

蓄積されたものがシミや黒ずみになるからです。

 

健康な肌なら問題ないです。

日焼けや黒ずみが出来ても、肌のターンオーバーの周期がくると、

何もしなくても徐々に薄くなり、元に戻ります。

よく子供が外で真っ黒になって日焼けしても

何も塗らなくてもすぐ元通りになるのはこのせいです。

 

美白化粧品を使って塗った傍から「 肌が白くなった!」なんて広告をみたりしますが、 これは一時的なもの

収斂(しゅうれん)作用や、化粧品に含まれる白い粉末成分が入っているためです。

紫外線のほか、皮膚を刺激するものはすべてメラニンを生みます。

なので、刺激の強い美白成分は逆に肌を黒くする事さえあります。

メラニン生成を阻害する美白成分(ルシノール、アルブチンなど)作用が強いと逆に肌に大ダメージを与えてしまうので、注意が必要です。

じゃあどうやってこのシミ、黒ずみ無くしたらいいの!?

ほっとけって言うけど、老けてみえたり恥ずかしくてスッピンじゃ歩けない…。

最大の美白は、紫外線などあらゆる肌刺激を避けること

とは言っても仕事したり、日中出掛けないわけにはいかない。

まったく影響を受けないようにするのは不可能に近いですね。

なのでまずは予防対策を紹介します!

 

美白美容液いらずの黒ずみブロック! 3つの対策

 

1、紫外線を防ぐ

私達がブロックすべき紫外線には

UVB」と「UVA

があります。

強い紫外線「UVB」

即座に肌に影響を及ぼし、日焼けシミの原因になります。

一方、弱い紫外線の「UVA」

浴びてすぐには影響はないです。

が、波長が長く肌の奥へ届きます。

そのためコラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を作る細胞をじわじわと傷つけます

これが何度か繰替えされるとしわやたるみになってしまうんですね。

シミや日焼けの最大原因が紫外線。

紫外線による老化も避けて通れません。

こういった原因の約8割は紫外線によるものです。

シミと老化の対策!!

その両方を応援してくれるのが日焼止めです。

紫外線を防ぐには日傘や帽子も有効。

ただ、日差しって地面から反射してくる分もあるんです。

日傘や帽子は、下からの反射には弱い。

防ぐ事が 出来ません。

しかも紫外線は季節や天候は関係なく降り注いでいます。

なので、日焼け止めは日中欠かさず塗っておくのがベストです。

ただ、常日頃からSPF50レベルのものだと肌への負担が増します。

なので、長時間野外にいるときだけSPF50のものを使いましょう。

通常は高くてもSPF30程度で十分です。

 

 

2、活性酸素を防ぐ

 

活性酸素は体内で細菌やウイルスと戦ってくれます。

が、過剰にふえると強力な酸化力を持っているため、細胞を傷つけます。

活性酸素を除去する対策としては「抗酸化成分

肌表面の酸化を抑える事ができます。

  • ビタミン類やβカロテンを含む野菜や果物、
  • L-システインが多い青魚や肉

などの食事から摂る事も可能です。

化粧品で可能な対策としては

  • 「アスタキサンチン」
  • 「ビタミンC誘導体」

といった酸化を防いでくれる成分

これが含まれるものがおすすめです。

 

3、きちんと睡眠をとる

日中に受けた紫外線からのダメージは、寝ている間に回復します。

 

成長ホルモンが促されターンオーバーによって新しい細胞が作られる

これが、修復なのです。

眠り始めてから3時間

この時間帯が、とくにこの成長ホルモンの分泌される量が多く、新しい細胞が作られやすくなります。

そして肌の修復には6時間以上はかかります。

なので、最低でも6時間の睡眠時間は確保しましょう。

6時おきなら、11時半にはおふとんに入る( ˘ω˘)スヤァ…

 

夜22時~夜中3時くらいがゴールデンタイムと言われている説もあります。

でもそんなに気にしなくてオーケー。

現代社会でこの時間に寝るのはムリ!笑

現在であれば夜中0時~半くらいの間なら大丈夫です。

ポイントは就寝時間を一定の決まった時間にさせること。

こっちの方が、じつは重要です。

 

まとめ

 

  • シミ、日焼、老化など最大原因は「UVB」と「UVA」などの紫外線!!
  • 両方をカバーしてくれる「日焼止め」などでしっかり予防しよう。
  • 増えすぎた活性酸素は強力な酸化力で細胞を傷つける。
  • 食事などで摂ったり、低刺激の「抗酸化成分」で活性酸素を抑制できる。
  • 6時間以上のきちんとした睡眠がキモ、ゴールデンタイムより成長ホルモンが多く分泌される入眠の3時間を重視しよう。

 

出来てしまったシミや黒ずみはそう簡単に薄くなりませんよね。

が、紫外線対策や生活改善によって予防する事は、かんたんです。

また、効果が高いとうたわれている美白化粧品。

これも結構体質差があります。

ものによっては、肌による刺激も強い。

その刺激によってメラニンを含む角質が増えたりする場合も!

「とりあえず高級なもの買っとけばいいでしょ」

と考えるより、

「低刺激のものを選ぶ」

まずはここを意識してみてください♪

スポンサードリンク