【子育てしないで甘えてくるバカ夫】私を助けろ!自己中ダンナが目を覚ました3つの作戦!

スポンサードリンク




子育てで多忙のママさん、いつもお疲れ様です!

子育てってどんな仕事より休みがなく責任のある仕事だと思いません?

 

人を1人育てるってほんとすごいことです。

そんな時1番近くで私のことをサポートしてくれる愛しい最愛の夫…のはずが…

時々、心の中で叫んでます。

 

「私はこの子のママですがあなたのママではありません!

あなたには嫁いびりの得意な息子溺愛の嫌味なママがいるでしょ!」と。

(すみません。思わず私情をはさみました。)

 

世のママ達にも同じような経験あるのではないでしょうか?

 

 

ここは私が一回りもふた回りも大人になって夫を手のひらで転がしてみようじゃないか!!

というわけで

お子ちゃま夫を改善しよぉーーー!作戦!!

といっても私がすべて頑張るのは余裕もなければなんだか納得もいかない。

ほんの少しのことから始めてみました。

 

私のダンナがどれだけ鬱陶しいかをしゃべり倒す!

聞いてください(笑)

 

私の夫の場合、

とってもママっ子の娘。パパなんて眼中にありません。

むしろパパが抱っこしようもんならギャン泣きです。

私が娘のお世話をし、旦那が家事をサポートする形になりました。

 

最初はよかったんです。

お互い協力しているなって。

そのうち、「俺なんてこの家に必要ない」とすねるようになりました。

だからといって小さい我が子に泣いたらショック受けるから泣かないでね。なんて言ったってできませんよね。

 

娘は泣く。旦那はすねる。

2人をなだめる私。大人なんだからさぁ。

 

お出かけの日にいつまでも寝てて起こしたらキレるボケ夫

とある休日に家族でお出かけしようと決めていました。

まだ午前寝、午後寝、お昼寝が2回ある娘。

敏感な子で人がいると上手くお昼寝できないことや起きてしまってぐずることも多かったので

お昼寝前に出発して

お昼寝の入眠前は車の中や静かなところで寝かしつけてからと思っていました。

 

現地に着いて少し遊んでお昼食べて少し遊んでお昼寝しながら帰る。

ベストなお出かけです!!

 

が!!

時間になっても起きない夫。

何度も起こします。もちろん起きません。

そうこればこちらもだんだん苛立ちますよね?!

 

苛立った私に逆ギレの夫。

イヤイヤ起き文句を言いながら支度をし予定より1時間以上遅れての出発。

案の定、出発前に午前寝の時間にかぶってしまい娘ギャン泣き。

泣き止ます為に優しく声かけなだめる私に文句の旦那。

 

大人なんだからってかパパなんだからまだ赤ちゃんの娘に合わせて行動するのは当たり前だろー!

 

せっかくのお出かけなのに出発前からイライラ。

むしろ、たいがい我が家はお出かけ前は旦那とバトルです。

 

 

絵本の読み聞かせ中にムダ話をしてくるKYアホ旦那

絵本に興味を持ちはじめた娘。

絵本を持ってきて読んで読んでとアピール。

読んでも読んでもまた読んでとおねだり。

何回も何回も読んであげているとお話の途中で

 

旦那が「そういえばさぁ…」と。

絵本を読みながら一応聞いていた私。

 

「…かなと思うんだけど、どう思う?」

絵本を読んでる私。

 

「ねぇ聞いてる?」と旦那。

 

いやいや。むしろ目の前でエンドレス絵本をしていたのをあなたはずっと見てたでしょ。

と言いたいのを我慢し、

 

絵本なんて短いので最後まで読み、娘と一緒に「おしまい。パチパチぃー」

した後に「で、なんだった?」と私。

 

まだ絵本を読んでほしい娘。

自分の話を後回しにされて機嫌の悪い夫。

 

娘をなだめながら「もう一回言って?」

無視されたと機嫌が悪い。

 

割って入ってきてなんて面倒だ。

といろいろと面倒なことが増えました。

 

寂しがり屋の構ってちゃん夫を手のひらで転がす3つの方法

長々と愚痴をすみません。

 

ですが、毎回イライラするのもこっちも疲れます。

そして正直、寂しいんだろうと私自身わかってます。

どうしても子供優先になってしまうので。

 

今までは全部自分に向けられていた愛情がほぼ100パーセント娘に向けられているのだから。笑

とまぁ子供が産まれてからというものうちはほんとに揉めに揉めました。

 

でも!!このままではいけない!

子供が産まれて家族が増えるってもっとみんなが笑顔になって幸せになるもんだと思ってた!

 

3つの方法で、ダンナを洗脳教育しました(笑)

 

 

その1、少しの時間だけ夫に私を独り占めさせる。

こうやって書くと本当に子供ですが…笑

今まではどうしても、一緒に寝落ちしてしまいがちでしたが

頑張って起きてリビングにいる夫の隣に座る時間を15分でもいいから作りました。

 

眠いです。なので隣で寝ることもありました。

 

それでも夫は嬉しそうに

「風邪引くよ」と上着をかけてくれたり肩を貸してくれたりなんだかとっても優しかったんです。

私は「あーそうだ。私はこういう優しい旦那が好きだったんだな」なんて思い返すこともありました。

 

その2、パパと子供が遊んでいる時に子供に「パパと遊べて嬉しいね」っていう。

これは夫ではなく子供にむけて話す感じで。

パパが日中いなくてもパパの名前が2人の間でも出ているよ感を出す。(ほんとはそんなに出て来ません 笑)

子供の気持ちがまだあまりわからない夫にはパパと遊べて娘は嬉しいんだって娘と私の会話で気づくんです。

なんだか顔が嬉しそうでした。

 

その3、お願い事、頼み事は1ヶ月1つまで

協力してほしい事、手伝ってほしい事、たくさんありますよね?

色々と頼む→嫌々やる夫→やり方が雑、適当→結局やり直す→更にイライラする

このループでした。

なのでまずは簡単なことから1つだけお願いしました。

朝のゴミ捨てです。

ご機嫌の良さそうな時に

 

私「ごめん明日朝忙しいからゴミ出してもらってもいい?」

夫「わかった!いいよ!」

私「ありがとう!助かる!」

次のゴミの日

私「明日もお願いしてもいいかな?」

夫「別にいいよ」

私「ありがとう!」

またその次

私「ゴミ出ししてもらえるとほんとに朝楽になる!またお願いしてもいい?」

夫「いいよ!」

またその次

私「ゴミ玄関に置いといたからね!お願いね!」

夫「はいよ!」

またその次

私「…」(なにも言わずに玄関にゴミを置いておく)

夫「…」(ゴミの話題には触れずに行って来ますとゴミを持って出かけていく!)

 

これをシレっと1ヶ月続けて夫自身がゴミ捨てに違和感を持たなくなったら次のお願い事をする!

結婚して更に思いました。

男の人はあれこれ詰め込まれすぎるとすぐに拒否反応がおこるようです。

1つずつ丁寧に馴染ませていくと意外と馴染みます。笑

 

まとめ

  • その1、少しの時間だけ夫に私を独り占めさせる。
  • その2、パパと子供が遊んでいる時に子供に「パパと遊べて嬉しいね」っていう。
  • その3、お願い事、頼み事は1ヶ月1つまで

 

これを実行してみました!

徐々に夫に変化が。

自分の寂しさが少し消え、家族の中に自分がいると感じることができ、なんとなく自然と私のお手伝いができるようになったんです!

育児に追われすぎて夫1人に目を向けることがなくなってたなって少しだけ反省もしました。

夫と2人の時間をほんの少しでも持つことで私自身にもよかったと思います。

「ふぅー疲れた。」と夫の肩に寄り添うと少しだけ楽になりました。

産後、夫の子供へのヤキモチや子供返り、育児や家事への協力の無さ、父親としての自覚の無さ。

 

言い出したらきりがないほど愚痴が出て来ちゃいますが

きっと寂しいんです。

ほんの少しのスキンシップと巧みな話術で困ったちゃん夫を立て直してみましょ!!

皆さんも是非、一度試して見てください!

※注意!!どの夫にも効果が表れるとは限りません!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です